« 新たなリチウムイオン伝導性液体の発見 -水を用いた安全・安価・高性能な超3 V動作リチウムイオン電池へ- | トップページ | 世界最高性能の半導体系トンネル磁気抵抗素子を開発 »

2016年9月23日 (金)

多種多様な抗菌ペプチドを効率良く生産可能な新技術を開発―医薬・産業応用への研究開発へ大きな期待―

2016/8/31
北海道大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
研究成果のポイント
 
・抗菌ペプチドは次世代の抗菌物質
 として注目されているが生産が困難。
 
・カルモジュリンをキャリアタンパク質
 として用いて,多様な抗菌ペプチドの
 遺伝子組換え生産に成功。
 
・この技術を利用して NMR 法での
 高度な解析に有効な
 安定同位体標識ペプチドの生産にも
 成功。
 
・医薬や産業への応用が期待される
 抗菌ペプチドの利用の進展に
 大きな期待。
 
 
-----
研究成果の概要
 
 ヒトをはじめとした様々な生物が持つ
生体防御因子である抗菌ペプチドは,
優れた抗菌活性や抗ガン活性などを持つ
ことから,次世代の抗菌物質として
医薬や産業分野への応用が期待されて
います。
 
 北海道大学大学院先端生命科学研究院の
相沢智康准教授は,客員研究員として
参画したカルガリー大学(カナダ)の
Hans J Vogel 教授のグループの石田博昭
NMR マネージャーらとの共同研究
において,多様なペプチドと結合する
カルモジュリンというタンパク質を
利用し,従来の技術では遺伝子組換え
による生産が困難な,多様な
抗菌ペプチドを効率良く生産する
新技術の開発に成功しました。
 
 核磁気共鳴(NMR)法を用いた解析
により,カルモジュリンが抗菌ペプチドに
結合し,生産宿主に対する抗菌活性や
分解を抑制することで,効率的な生産が
可能になるメカニズムも明らかにしました。
 
 本研究成果は,2016 年 8 月 9 日に
アメリカ化学会の
Journal of the American Chemical
Society(JACS)のオンライン版に
掲載されました。
---------------------------------------
 
 抗菌ペプチドね~、良さそうです。
 
 
>耐性菌が生じにくいなどの優れた
>抗菌活性をもつ抗菌ペプチドの
>作用機構には未知の点が多く残されて
>います。
 
>遺伝子組換えによる抗菌ペプチドの
>生産技術により安定同位体標識を
>行うことで,NMR法による
>分子の立体構造解析やターゲットとの
>相互作用などの高度な解析が
>容易に可能となります。
 
>本研究成果により,抗菌ペプチドの
>医薬や産業への応用が飛躍的に進む
>ことが期待されます。
 
 大いに期待したいです。

|

« 新たなリチウムイオン伝導性液体の発見 -水を用いた安全・安価・高性能な超3 V動作リチウムイオン電池へ- | トップページ | 世界最高性能の半導体系トンネル磁気抵抗素子を開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64244079

この記事へのトラックバック一覧です: 多種多様な抗菌ペプチドを効率良く生産可能な新技術を開発―医薬・産業応用への研究開発へ大きな期待―:

« 新たなリチウムイオン伝導性液体の発見 -水を用いた安全・安価・高性能な超3 V動作リチウムイオン電池へ- | トップページ | 世界最高性能の半導体系トンネル磁気抵抗素子を開発 »