« 携帯電話からの通報が院外心停止患者の救命率を改善する! | トップページ | 骨転移性前立腺がんの克服につながる新薬候補の発見 »

2016年9月10日 (土)

iPS細胞を選択的に識別・分離・除去できるしくみを合成RNAを用いて構築

2016年9月9日 京都大学研究成果
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 齊藤博英 iPS細胞研究所(CiRA=サイラ)
教授らの研究グループは、iPS細胞を含む
多能性幹細胞内で活性の高い
マイクロRNA(miRNA)を感知する
メッセンジャーRNA(mRNA)を合成し、
細胞内に導入することで、
iPS細胞や部分的に分化したiPS細胞を
特異的に識別・除去できるしくみを
構築することに成功しました。
 
 本研究成果は2016年9月9日午後6時
(日本時間)に英国科学誌
「Scientific Reports」で
オンライン公開されました。
 
 
-----
研究者からのコメント
 
 本研究では、合成RNAを用いることで、
iPS細胞の内部状態を識別し、
安全性高く、簡便かつ精密に、
生きたままのiPS細胞を分離・除去できる
技術を開発しました。
 
 本技術により、分化させた細胞集団を
容易に純化でき、再生医療や
創薬といった医療応用への貢献が
期待されます。
 
 加えて、細胞の初期化や分化を理解する
ツールとして、基礎研究にも応用できると
期待しています。
---------------------------------------
 
  iPS細胞発見から10年立ちました。
 順調に成果を出しつつあります。
 
 (CiRA=サイラ)素晴らしいです。
 
 色々な意味で、大いに期待したい。
 
 早く、本当に困っている人を救える
ようになって欲しい。

|

« 携帯電話からの通報が院外心停止患者の救命率を改善する! | トップページ | 骨転移性前立腺がんの克服につながる新薬候補の発見 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64184199

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞を選択的に識別・分離・除去できるしくみを合成RNAを用いて構築:

« 携帯電話からの通報が院外心停止患者の救命率を改善する! | トップページ | 骨転移性前立腺がんの克服につながる新薬候補の発見 »