« 白金使用量を約80%削減した燃料電池の電極を開発 | トップページ | 「これほど完璧な成功は見たことがない!」と »

2016年9月28日 (水)

がん幹細胞は腫瘍内の血管を形成する~マウスiPS細胞により世界で初めて証明~

2016.09.26 岡山大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
本研究のポイント
 
●腫瘍細胞の血管内皮細胞への分化や
 疑似血管の構成に、がん幹細胞が
 関与していると推測されていたが、
 詳しい関連性は分かっていなかった。
 
●一つのがん幹細胞から血管内皮細胞と
 疑似血管細胞の両方が作り出され、
 腫瘍内での血管系が形成されることを、
 マウスのiPS細胞を用いて世界で初めて
 証明した。
 
●腫瘍の血管を標的とする新たな制がん剤
 開発の基盤を提供し、より効果的な
 制がん剤開発への応用が期待される。
 
 
-----
 岡山大学大学院自然科学研究科
(工)ナノバイオシステム分子設計学
研究室の妹尾昌治教授らの研究グループは、
がん幹細胞が血管の細胞へ分化して
腫瘍内で血管系を形成することを
証明しました。
 
 がん幹細胞が宿主由来の血管内皮細胞を
巻き込みながら、自らも血管内皮細胞や
疑似血管を構成していくことは、
従来の腫瘍血管が形成される概念を
進化させる世界的にも新しい発見です。
 
 本研究成果は9月末、がん研究の
国際科学雑誌
『American Journal of Cancer Research』
に公開されます。
 
 妹尾教授らの研究グループは2012年、
iPS細胞からがん幹細胞を世界で初めて
作成することに成功。
 
 多種多様ながん細胞を調整できることを
示し、がん患者の組織内に存在する
細胞との関連を研究しています。
 
 本研究成果によって、腫瘍血管を
標的とする新たな制がん剤の開発が
進めば、より効果的な制がん剤開発に
つながると期待されます。
---------------------------------------
 
>従来の腫瘍血管が形成される概念を
>進化させる世界的にも新しい発見です。
 だそうです。
 
 iPS細胞活躍してます。
 
 
>本研究成果によって、腫瘍血管を
>標的とする新たな制がん剤の開発が
>進めば、より効果的な制がん剤開発に
>つながると期待されます。
 
 大いに期待したい。
 がんの制圧は永遠の課題。
 積極的に挑戦して貰いたい。

|

« 白金使用量を約80%削減した燃料電池の電極を開発 | トップページ | 「これほど完璧な成功は見たことがない!」と »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64268923

この記事へのトラックバック一覧です: がん幹細胞は腫瘍内の血管を形成する~マウスiPS細胞により世界で初めて証明~:

« 白金使用量を約80%削減した燃料電池の電極を開発 | トップページ | 「これほど完璧な成功は見たことがない!」と »