« ホルモンが肥満による感染の重症化を抑制 東京大学など | トップページ | 虫歯菌の酵素からポリエチレンテレフタレートやナイロンを越える高耐熱性樹脂の開発に成功 »

2016年8月 1日 (月)

骨溶かす場面、阪大が観察 骨粗しょう症関与の細胞

 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 骨粗しょう症や関節リウマチの発症に
関与する「破骨細胞」が生きたままの
マウスの体内で骨を溶かす場面を
リアルタイムで長時間観察することに
大阪大の菊田順一助教(免疫学)らの
チームが成功し、1日までに
米科学誌電子版に掲載された。
 
 チームは破骨細胞が骨を溶かす際に出す
酸と反応して光る物質を開発。
 
 これを生きた遺伝子改変マウスに注入し、
蛍光タンパク質の光と同時に検出できる
特殊な顕微鏡を使って、破骨細胞が
移動する状況だけでなく、骨を溶かす
場面も最大24時間程度観察できるように
した。
---------------------------------------
 
 ライブイメージング。
 最近いろいろ出来るようになって
きました。
 
 新たな治療薬の開発に役立つと良い
ですね。

|

« ホルモンが肥満による感染の重症化を抑制 東京大学など | トップページ | 虫歯菌の酵素からポリエチレンテレフタレートやナイロンを越える高耐熱性樹脂の開発に成功 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63997521

この記事へのトラックバック一覧です: 骨溶かす場面、阪大が観察 骨粗しょう症関与の細胞:

« ホルモンが肥満による感染の重症化を抑制 東京大学など | トップページ | 虫歯菌の酵素からポリエチレンテレフタレートやナイロンを越える高耐熱性樹脂の開発に成功 »