« F1エンジンに匹敵する回転数をもつ「べん毛モーター」のMotA分子の構造を解明 | トップページ | 世界で誰にも解読されていない暗号問題を初めて解読!~スーパーコンピューターでも一万年以上かかる問題を、約16日間で解読に成功!~ »

2016年8月20日 (土)

光でがん退治、転移にも効果 マウス実験で確認 米国立衛生研究所

2016.08.18 zakzak
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 光の一種の近赤外線を当てる方法で、
がん細胞を攻撃する免疫細胞のリンパ球を
活性化させ、がん細胞を退治する治療法を
開発したと、米国立衛生研究所(NIH)
の小林久隆主任研究員らが、
17日付の米医学誌に発表した。
 
 マウスの実験で転移がんにも効くと
確認したという。
---------------------------------------
 
 良さそうです。
 
 この投稿とは違うようです。
 
 同じ研究者なんですが、今回の
発表は「リンパ球を活性化させ・・・」
と言っていますね。
 
 どちらにしても期待したい治療法です。

|

« F1エンジンに匹敵する回転数をもつ「べん毛モーター」のMotA分子の構造を解明 | トップページ | 世界で誰にも解読されていない暗号問題を初めて解読!~スーパーコンピューターでも一万年以上かかる問題を、約16日間で解読に成功!~ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64085601

この記事へのトラックバック一覧です: 光でがん退治、転移にも効果 マウス実験で確認 米国立衛生研究所:

« F1エンジンに匹敵する回転数をもつ「べん毛モーター」のMotA分子の構造を解明 | トップページ | 世界で誰にも解読されていない暗号問題を初めて解読!~スーパーコンピューターでも一万年以上かかる問題を、約16日間で解読に成功!~ »