« スーパーコンピュータ「京」がGraph500で世界第1位を獲得―ビッグデータの処理で重要となるグラフ解析で最高の評価― | トップページ | 血糖調節の新たなメカニズムの解明 »

2016年7月16日 (土)

脊髄小脳失調症6型の遺伝子治療:マウスモデルで成功

2016年07月16日
Aloha Spirit = Give n Give
H!LO (^-^)さんのblogです。
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
 なかなか脊髄小脳変性症関連の情報
が無い中、久しぶりで希望が持てそうな
内容ですので紹介しておきます。
 
 脊髄小脳変性症6型(SCA6)は
所謂ポリグルタミン病になります。
 
 なので、今回の治療法は、
このタイプの疾患の有効な手段に
なり得るかな?
 
から発表されているようですが、
同じもののようです。
 
 記載の仕方が違いますので参考に
してください。
 
 microRNA(miRNA)を使った遺伝子治療
が最近いろいろ出てきて希望が持てそう
です。
 
 期待しましょう。

|

« スーパーコンピュータ「京」がGraph500で世界第1位を獲得―ビッグデータの処理で重要となるグラフ解析で最高の評価― | トップページ | 血糖調節の新たなメカニズムの解明 »

脊髄小脳変性症関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63922369

この記事へのトラックバック一覧です: 脊髄小脳失調症6型の遺伝子治療:マウスモデルで成功:

« スーパーコンピュータ「京」がGraph500で世界第1位を獲得―ビッグデータの処理で重要となるグラフ解析で最高の評価― | トップページ | 血糖調節の新たなメカニズムの解明 »