« 世界初 浮いたグラフェンナノリボンの大規模集積化合成に成功~グラフェンデバイスの実用化に大きく前進~ | トップページ | 世界初、MR磁気センサアレイで心臓の活動測定と可視化に成功 »

2016年6月 7日 (火)

「 膵臓がん発症の早期段階にタンパク質分解酵素複合体の活性化が必要であることを発見 」― 膵臓がんの新たな診断・治療法への応用の期待 ―

平成28年5月31日
国立大学法人 東京医科歯科大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
【ポイント】
 
・膵臓がんは、がんの中で最も致死率が
 高く、その早期診断と治療はいまだに
 困難です。
 
・本研究では、膵臓がん発症の早期段階に
 タンパク質分解酵素複合体
 「プロテアソーム」の活性化が必要
 であることを遺伝子改変マウスの解析で
 つきとめました。
 
・本研究の成果は膵臓がんの早期診断と
 新規治療法開発への応用が
 期待できます。
 
 
------
 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合
研究科 分子腫瘍医学分野の田中真二教授
の研究グループは、同肝胆膵外科学分野
田邉稔教授および
京都大学 iPS 細胞研究所臨床応用研究分野
川口義弥教授との共同研究で、膵臓がんの
発症に タンパク質分解酵素複合体
「プロテアソーム」の活性化が必要
であることを世界で初めて明らかに
しました。
 
 この研究は文部科学省科学研究費補助金
のもとにおこなわれたもので、
その研究成果は、国際科学誌
Scientific Reports
(サイエンティフィック レポーツ)に
2016 年 5 月 31 日午前 10 時(英
国時間)にオンライン版で発表されます。
---------------------------------------
 
 タンパク質分解酵素複合体
「プロテアソーム」の活性化ね~
 
>今回の成果は膵臓がんの病態解明への
>重要な発見であり、今後プロテアソーム
>を糸口とした膵臓がんの新たな
>診断・治療戦略の開発が
>大いに期待されます。
 
 大いに期待しましょう。

|

« 世界初 浮いたグラフェンナノリボンの大規模集積化合成に成功~グラフェンデバイスの実用化に大きく前進~ | トップページ | 世界初、MR磁気センサアレイで心臓の活動測定と可視化に成功 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63744255

この記事へのトラックバック一覧です: 「 膵臓がん発症の早期段階にタンパク質分解酵素複合体の活性化が必要であることを発見 」― 膵臓がんの新たな診断・治療法への応用の期待 ―:

« 世界初 浮いたグラフェンナノリボンの大規模集積化合成に成功~グラフェンデバイスの実用化に大きく前進~ | トップページ | 世界初、MR磁気センサアレイで心臓の活動測定と可視化に成功 »