« 太陽光による水分解を高効率化するナノコンポジット結晶を開発 | トップページ | 高周波圧電共振器の課題を解消する回路技術を開発 »

2016年6月19日 (日)

腎臓がん凍らせて破壊 高知大が四国初の療法

2016.06.17 高知新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
針刺すだけ、負担少なく
 
 CTなどの画像を見ながら
腎臓のがん細胞に細い針を挿入し、
零下20~40度に凍結させて
壊死(えし)させる「画像下凍結療法」を、
高知大学医学部付属病院
(高知県南国市岡豊町小蓮)が
2月から四国で初めて導入している。
 
 腎臓がんの凍結療法が保険適応になった
のは2011年7月から。
 
 高知大学では2月に凍結療法機器を
導入し、3月から3例の治療を実施。
 
 いずれもがん細胞の破壊に成功した
という。
 
 また、凍結療法は軟骨部など腎臓以外の
腫瘍にも良好な効果が期待できるため、
腎臓以外の臓器への治療も行っている。
---------------------------------------
 
 腎臓がんの凍結療法、
保険適用なんですね。
 
 高知大学、なかなか先進的です。
 
 より多くの治療の選択肢を患者さんに
提示出来るよう頑張ってください。

|

« 太陽光による水分解を高効率化するナノコンポジット結晶を開発 | トップページ | 高周波圧電共振器の課題を解消する回路技術を開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63800223

この記事へのトラックバック一覧です: 腎臓がん凍らせて破壊 高知大が四国初の療法:

« 太陽光による水分解を高効率化するナノコンポジット結晶を開発 | トップページ | 高周波圧電共振器の課題を解消する回路技術を開発 »