« 油を多く産生するユーグレナ変異体を選抜する品種改良法の開発に成功 | トップページ | 医薬品をより安価に提供可能へ 超効率的に医薬品を合成する方法を確立 »

2016年6月13日 (月)

慢性血栓塞栓性肺高血圧症における病因タンパク質を世界で初めて発見

2016年5月 9日
東北大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 東北大学大学院医学系研究科循環器
内科学分野の下川宏明教授の研究グループ
は、国の指定難病で、診断が困難かつ
致死的疾患である「慢性血栓塞栓性
肺高血圧症」の病因タンパク質として
トロンビン活性化型線溶阻害因子
(Thrombin-activatable fibrinolysis
  inhibitor)を同定しました。
 
 本研究は、同症の病因タンパク質を
世界で初めて明らかにした重要な報告で、
このタンパク質を標的とした、
新たな診断法や治療薬の開発へ
つながることが期待されます。
 
 本研究成果は、2016年4月21日に、
米国心臓協会(American Heart
Association, AHA)の学会誌である
Arteriosclerosis, Thrombosis,
and Vascular Biology誌(電子版)に
掲載されました。
 
 詳細は下記リンクを、
---------------------------------------
 
 本研究は、同症の病因タンパク質を
世界で初めて明らかにした重要な報告
 とのこと。
 
>慢性血栓塞栓性肺高血圧症は
>息切れなどの非特異的な症状しかなく
>診断が困難で、治療法としては
>血栓を取り除く外科手術や
>カテーテルで血管を広げる治療が
>一般的ですが、本研究により新たな
>診断法や治療薬の開発へ
>つながることが期待されます。
 
 
>致死的でありながらしばしば
>見逃されている疾患
 だそうです。
 
 新たな診断法や治療薬の開発へ繋げ
られると良いですね。

|

« 油を多く産生するユーグレナ変異体を選抜する品種改良法の開発に成功 | トップページ | 医薬品をより安価に提供可能へ 超効率的に医薬品を合成する方法を確立 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63771598

この記事へのトラックバック一覧です: 慢性血栓塞栓性肺高血圧症における病因タンパク質を世界で初めて発見:

« 油を多く産生するユーグレナ変異体を選抜する品種改良法の開発に成功 | トップページ | 医薬品をより安価に提供可能へ 超効率的に医薬品を合成する方法を確立 »