« 液体ヘリウム不要の新開発 高温超電導コイルを搭載-MRIミニモデルで世界初の磁界強度3テスラでの撮像に成功- | トップページ | 卵巣癌・大腸癌に抗癌効果を持つ生体内物質を発見 妊娠高血圧症候群の原因物質が抗腫瘍効果をもつことを解明 »

2016年6月10日 (金)

【健康】グリア細胞の移植によるハンチントン病の症状軽減

2016年6月8日 Nature Communications
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 グリア細胞は、脳内の神経細胞を
構造的に支えているが、健康なヒトの
グリア細胞をハンチントン病(HD)の
マウスモデルに移植したところ、
運動協調性が改善し、寿命が延びたことを
報告する論文が、今週掲載される。
 
 中枢神経系に最も数多く存在する
細胞型であるグリア細胞は、
ハンチントン病の研究でほとんど注目
されてこなかった。
 
 ハンチントン病は、遺伝性の
神経変性疾患で、運動と情動と思考を
制御する神経細胞が徐々に変性、
脱落することを特徴としている。
 
 今回の研究は、ハンチントン病
におけるグリア細胞の役割が
従来考えられていたよりもかなり積極的
である可能性を示唆しており、
その結果、ハンチントン病の解明と
治療可能性に関する新たな展望が
得られた。
 
 ハンチントン病におけるグリア細胞の
機能不全について解明を進め、
こうした新知見をヒトの治療に
生かせるかどうか、そしてどのように
生かすのかという点を評価するためには
さらなる研究が必要だ。
---------------------------------------
 
 ハンチントン病に対して新たな視点が
発見されたようです。
 
 更なる研究が必要なようですので、
まだ時間はかかりそうですが、良い
結果に結びつくと良いですね。

|

« 液体ヘリウム不要の新開発 高温超電導コイルを搭載-MRIミニモデルで世界初の磁界強度3テスラでの撮像に成功- | トップページ | 卵巣癌・大腸癌に抗癌効果を持つ生体内物質を発見 妊娠高血圧症候群の原因物質が抗腫瘍効果をもつことを解明 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63757079

この記事へのトラックバック一覧です: 【健康】グリア細胞の移植によるハンチントン病の症状軽減:

« 液体ヘリウム不要の新開発 高温超電導コイルを搭載-MRIミニモデルで世界初の磁界強度3テスラでの撮像に成功- | トップページ | 卵巣癌・大腸癌に抗癌効果を持つ生体内物質を発見 妊娠高血圧症候群の原因物質が抗腫瘍効果をもつことを解明 »