« 【健康】グリア細胞の移植によるハンチントン病の症状軽減 | トップページ | 抗体薬物複合体(ADC)のがん組織中の薬物放出・分布を可視化した画期的な方法を確立 »

2016年6月11日 (土)

卵巣癌・大腸癌に抗癌効果を持つ生体内物質を発見 妊娠高血圧症候群の原因物質が抗腫瘍効果をもつことを解明

2016年5月13日 日本の研究.com
大阪大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
本研究成果のポイント
 
・妊娠高血圧症候群※1 の原因物質に
 抗腫瘍効果があることを解明
 
・その物質に卵巣癌、大腸癌の細胞の増殖
 を抑制させる効果があることを確認
 
・生体内で産生される物質であるため、
 臨床応用しやすく、幅広い応用に期待
 
 
-----
リリース概要
 
 大阪大学大学院医学系研究科
器官制御外科学講座(産科学婦人科学)の
熊澤惠一助教は、妊娠高血圧症候群発症の
カギとされている可溶性血管内皮細胞
増殖因子受容体1※2
(soluble VEGF receptor 1:sFLT1)が
卵巣癌、大腸癌の細胞に抗腫瘍効果を
認めることを発見しました。
 
 卵巣癌のモデルマウスにsFLT1を
投与することで抗腫瘍効果を
確認しました。
 
 sFLT1は生体内で産生されている物質
であるため、抗腫瘍薬として臨床応用も
しやすいと考えられます。
 
 また、乳癌、肺癌由来の細胞にも効果が
確認できたため、利用しやすい抗癌剤
として幅広い応用が期待されます。
 
 なお、本研究成果は平成28年4月22日
(金)に英国科学誌「Scientific Reports」
のオンライン版に掲載されました。
---------------------------------------
 
 臨床応用しやすいと言うのが
良いですね。
 
 意外な物質に顕著な抗癌効果があった
と言うことになります。
 
>今回の研究が胎盤の研究と
>悪性腫瘍の研究を結び付けたこと
>により、今後、両者の研究が
>より密接に関わるきっかけとなったと
>考えられます。
 
 今後の研究に期待します。

|

« 【健康】グリア細胞の移植によるハンチントン病の症状軽減 | トップページ | 抗体薬物複合体(ADC)のがん組織中の薬物放出・分布を可視化した画期的な方法を確立 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63761536

この記事へのトラックバック一覧です: 卵巣癌・大腸癌に抗癌効果を持つ生体内物質を発見 妊娠高血圧症候群の原因物質が抗腫瘍効果をもつことを解明:

« 【健康】グリア細胞の移植によるハンチントン病の症状軽減 | トップページ | 抗体薬物複合体(ADC)のがん組織中の薬物放出・分布を可視化した画期的な方法を確立 »