« 北極海で過去最大の海氷融解、メカニズム明らかに | トップページ | 人工知能による新しい医療 -IBMワトソン・サミット2016@東京- »

2016年6月26日 (日)

初の臨床研究へ、老化抑制物質ニコチンアミド・モノヌクレオチドとは

2016.06.22 All About NEWS
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 老化を抑制する効果が動物実験で
判明しつつある物質、
「ニコチンアミド・モノヌクレオチド
(NMN)」を人間に投与し、
安全性や効果の有無を調べる臨床研究を、
慶応大と米ワシントン大が
来月にも国内で開始する計画であること
がわかった。
 
 22日、読売新聞が報じている。
---------------------------------------
 
>NMNが老化と関係の深い
>サーチュイン遺伝子を活性化できる
>かもしれない、
>若返りを可能にするかもしれない
>と科学者たちが注目
 しているらしい。
 
 
>小林氏によるとNMNの生体内への
>取り込みや、そのほかの効果や副作用に
>関しては不明な点も多いといい、
>今回の臨床試験に注目していきたい。
 と言っています。
 
 臨床試験の結果待ちですね。

|

« 北極海で過去最大の海氷融解、メカニズム明らかに | トップページ | 人工知能による新しい医療 -IBMワトソン・サミット2016@東京- »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63831821

この記事へのトラックバック一覧です: 初の臨床研究へ、老化抑制物質ニコチンアミド・モノヌクレオチドとは:

« 北極海で過去最大の海氷融解、メカニズム明らかに | トップページ | 人工知能による新しい医療 -IBMワトソン・サミット2016@東京- »