« がん治療進展後押し 岐阜大開発の化合物、試薬として実用化 | トップページ | ガラスの「形」を数学的に解明 -トポロジーで読み解く無秩序の中の秩序- »

2016年6月21日 (火)

ゲノム編集で初のがん治療臨床試験へ、米ペンシルベニア大が申請

2016年06月17日 ニュースイッチ
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 最先端のゲノム編集技術である
CRISPR/Cas9(クリスパーキャスナイン)
を使い、米ペンシルベニア大学が
がん治療の臨床試験に向けた適用申請を
おこなっていることがわかった。
 
 来週開かれる「組み換えDNA諮問委員会
(RAC)」 での議題の一つとして、
米国立衛生研究所(NIH)が公表したもの
で、MITテクノロジーレビューが伝えた。
 
 提案されているのはがんの免疫治療の
一種。
 
 自分の免疫細胞の特定の遺伝子を
CRISPRで働かないようにし、がんを攻撃
しやすいようにするという。
 
 ペン大はすでに、今回提案した
遺伝子組み換えでの免疫治療法の基本技術
を確立済み。
 
 骨髄腫やメラノーマ(黒色腫)、
肉腫といったがんに対するもので、
体外に取り出した免疫T細胞の表面にある
受容体のPD-1を遺伝子組み換えで除去し、
体内に戻す。
 
 こうすることで、リンパ球の活性化を
抑制するPD-1を利用して、がん細胞が
免疫機構から逃れるのを防ぐ仕組みだ。
---------------------------------------
 
 免疫細胞の特定の遺伝子を操作して
治療効果をあげる試みは既にいろいろ
なされています。
 
 今回のものは、PD-1受容体を阻害する
という意味ではオプジーボ」
(一般名ニボルマブ)と同等の仕組みを
利用したもののようです。
 
 今後こういう試みは増えていくと思われ
ます。
 
 CRISPR/Cas9(クリスパーキャスナイン)
の改良型のゲノム編集技術も出てきている
ようですし、期待大です。

|

« がん治療進展後押し 岐阜大開発の化合物、試薬として実用化 | トップページ | ガラスの「形」を数学的に解明 -トポロジーで読み解く無秩序の中の秩序- »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63809495

この記事へのトラックバック一覧です: ゲノム編集で初のがん治療臨床試験へ、米ペンシルベニア大が申請:

« がん治療進展後押し 岐阜大開発の化合物、試薬として実用化 | トップページ | ガラスの「形」を数学的に解明 -トポロジーで読み解く無秩序の中の秩序- »