« 卵巣癌・大腸癌に抗癌効果を持つ生体内物質を発見 妊娠高血圧症候群の原因物質が抗腫瘍効果をもつことを解明 | トップページ | 生命の設計図DNAは、不規則に折り畳まれる性質をもつ! »

2016年6月11日 (土)

抗体薬物複合体(ADC)のがん組織中の薬物放出・分布を可視化した画期的な方法を確立

2016年5月9日
国立研究開発法人国立がん研究センター
国立研究開発法人理化学研究所
株式会社島津製作所
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
本研究成果のポイント
 
・抗体薬物複合体
(Antibody-drug conjugate: ADC)*1は、
 抗体に抗がん剤などの薬を付加したもの。 
  抗体が特定の分子をもつがん細胞に
 結合する性質を利用して、薬を直接
 がん細胞まで運び、そこで薬を放出
 することで、抗腫瘍効果を発揮する。
 
・質量顕微鏡を用いて、がん組織中
 における、ADCからの薬物の放出を
 直接みることに成功。
 
・付加薬物を放射性同位元素で標識
(ラベル)することなく、
 かつがん組織内での薬の放出と分布を
 観察できる方法の確立は、
 ADCの薬剤デザインを行う上で、
 画期的といえる。
 
 
-----
 国立研究開発法人国立がん研究センター
(略称:国がん)は、質量顕微鏡を用いて、
抗体薬物複合体(ADC)のがん組織中の
薬物放出・分布を可視化した、
世界初の評価方法を確立しました。
 
 ADCは、免疫チェックポイント阻害剤に
並ぶ次世代のがん治療薬として、
米国を中心に精力的な研究開発が
行われており、今後のがん薬物治療の
主流になると期待されています。
 
 本研究成果は、同先端医療開発センター
新薬開発分野と国立研究開発法人
理化学研究所、株式会社島津製作所の
研究グループが共同で行ったもので、
英科学誌ネイチャー(Nature)系
オンライン科学誌
「サイエンティフィック・リポーツ
(Scientific Reports)」に
4月21日付けで掲載されました。
---------------------------------------
 
 ADCは、免疫チェックポイント阻害剤に
並ぶ次世代のがん治療薬だそうです。
 
 
>本研究で確立した腫瘍内薬剤分布の
>評価方法は、ADCががん組織に到達し、
>付加薬物ががん細胞まで送達される
>至適な条件を導き出すにあたって、
>きわめて簡便かつ正確な方法といえます。
 
>今後、ADCの精巧な設計のためには
>欠かせない手法のひとつとして
>期待されます。
 
 大いに期待したい。

|

« 卵巣癌・大腸癌に抗癌効果を持つ生体内物質を発見 妊娠高血圧症候群の原因物質が抗腫瘍効果をもつことを解明 | トップページ | 生命の設計図DNAは、不規則に折り畳まれる性質をもつ! »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63762393

この記事へのトラックバック一覧です: 抗体薬物複合体(ADC)のがん組織中の薬物放出・分布を可視化した画期的な方法を確立:

« 卵巣癌・大腸癌に抗癌効果を持つ生体内物質を発見 妊娠高血圧症候群の原因物質が抗腫瘍効果をもつことを解明 | トップページ | 生命の設計図DNAは、不規則に折り畳まれる性質をもつ! »