« ゲノム編集で初のがん治療臨床試験へ、米ペンシルベニア大が申請 | トップページ | 止血役にはストレスが必要-巨核球細胞での小胞体ストレスが血小板を生む »

2016年6月21日 (火)

ガラスの「形」を数学的に解明 -トポロジーで読み解く無秩序の中の秩序-

2016年6月14日 東北大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 東北大学原子分子材料科学高等研究機構
(WPI-AIMR)の平岡裕章准教授、
中村壮伸助教を中心とした研究グループは、
統計数理研究所および科学技術振興機構と
共同で数学的手法を開発することで、
ガラスに含まれる階層的な幾何構造を
解明することに成功しました。
 
 周期性を持たないガラスの原子配置構造
は非常に複雑であり、その構造を理解する
ために、適切な記述法を開発することが
長年求められていました。
 
 本研究グループは、トポロジーを
応用することでこの問題を解決することに
成功しました。
 
 さらに、ここで開発された数学手法は
物質に特化しない普遍的なものである
ことから、情報ストレージや太陽光パネル
などのガラス開発に加え、
マテリアルズインフォマティックスなども
含めた幅広い材料開発への応用が
期待されます。
 
 本成果は、平成28 年6 月13 日の週
(米国東部時間)に、
米国科学アカデミー紀要
「Proceedings of the National Academy
 of Sciences」オンライン速報版に
掲載されました。
 
 
---------------------------------------
 
 数式化できたことは、素晴らしい。
 より正確に理解出来るということ。
 
 しかも、
>ここで開発された数学手法は
>物質に特化しない普遍的なものである
>ことから、情報ストレージや
>太陽光パネルなどのガラス開発に加え、
>マテリアルズインフォマティックス
>なども含めた幅広い材料開発への応用
>が期待されます。
 
 期待しましょう。

|

« ゲノム編集で初のがん治療臨床試験へ、米ペンシルベニア大が申請 | トップページ | 止血役にはストレスが必要-巨核球細胞での小胞体ストレスが血小板を生む »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63809955

この記事へのトラックバック一覧です: ガラスの「形」を数学的に解明 -トポロジーで読み解く無秩序の中の秩序-:

« ゲノム編集で初のがん治療臨床試験へ、米ペンシルベニア大が申請 | トップページ | 止血役にはストレスが必要-巨核球細胞での小胞体ストレスが血小板を生む »