« Nrf2転写因子による炎症抑制メカニズムを解明―細胞保護効果のある物質を用いた新たな抗炎症薬開発の可能性― | トップページ | やわらかい電子回路 有機薄膜エレクトロニクス »

2016年5月27日 (金)

軽度認知機能障害の新たな早期診断バイオマーカーの発見!

2016-05-25 日本の研究.com
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 九州大学大学院医学研究院の
山﨑貴男学術研究員と飛松省三教授らは、
誘発脳波を用いて、認知症の予備群である
軽度認知機能障害 (MCI)患者では、
放射状方向の運動刺激
(オプティック・フロー (OF))に対する
脳反応が特異的に低下していることを
報告していましたが
(Journal ofAlzheimer’s Disease,
 2012 年)、今回、その研究をさらに
発展させ、新たな患者群で OF 刺激は
高い特異度、高い感度をもって、
MCI 患者と健常老年者を区別できることを
発見しました。
 
 日本では超高齢化の進展に伴い、
2025 年には高齢者の約 5 人に 1 人は
認知症になると推定されており、
MCI の早期診断・介入が喫緊の課題です。
 
 早期診断バイオマーカーとして、
脳脊髄液検査やアルツハイマー病の
原因物質とされるアミロイドが
脳にたまっているかを検査する
アミロイドイメージングが報告されて
いますが、侵襲性やコストの問題が
指摘されており、理想的な
バイオマーカーは未だ確立されていません。
 
 今回の研究成果から、誘発脳波検査は
身体に害を及ぼさない上、
安価かつ信頼性のある MCI の
早期診断バイオマーカーとなることが
期待されます。
 
 また認知症患者の迷子、危険運転が
社会問題となっていますが、
これらは OF 知覚の障害と関連がある
ことから、本手法は迷子や危険運転の
起こしやすさの判定にも利用できると
期待されます。
 
 本成果は、九大病院物忘れ外来との
共同研究であり、平成 28 年 5 月 23 日
(月)にアルツハイマー病専門誌
「Journal of Alzheimer’s Disease」
電子版で掲載されました。
 
 
-----
研究者からひとこと
 
 シンプルで、コストパフォーマンスの
高い早期診断バイオマーカーを
発見することができた点で、
非常に意義のある研究であると
思っています。
 
 将来的には、MCI よりもさらに
早い段階 (臨床症状が出る前の時期)で、
認知症予備群を発見できるような
システムを構築し、先制医療に貢献して
いきたいと思っています。
---------------------------------------
 
 素晴らしい研究成果だと思います。
 
 
>シンプルで、コストパフォーマンス
>の高い早期診断バイオマーカーを
>発見することができた点で、
>非常に意義のある研究であると
>思っています。
 そう思います。
 
 2025 年には高齢者の約 5 人に 1 人は
認知症になると推定されているそうです
から、今回の成果は重要です。
 
 なるべく早く普及できるように
動いて貰いたい。

|

« Nrf2転写因子による炎症抑制メカニズムを解明―細胞保護効果のある物質を用いた新たな抗炎症薬開発の可能性― | トップページ | やわらかい電子回路 有機薄膜エレクトロニクス »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63690205

この記事へのトラックバック一覧です: 軽度認知機能障害の新たな早期診断バイオマーカーの発見!:

« Nrf2転写因子による炎症抑制メカニズムを解明―細胞保護効果のある物質を用いた新たな抗炎症薬開発の可能性― | トップページ | やわらかい電子回路 有機薄膜エレクトロニクス »