« 植物由来成分であるプテロシンBはSIK3を阻害し変形性関節症の治療薬開発のリード化合物となる | トップページ | 海底観測で捉えた海溝近傍のスロースリップ-スロースリップ発生域は、津波地震の震源域?- »

2016年5月 7日 (土)

神経前駆細胞に発生の時期を知らせる「時計」があった 名古屋大学

2016年5月1日 大学ジャーナル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 名古屋大学大学院医学系研究科の
研究グループは、理化学研究所
多細胞システム形成研究センターとの
共同研究で、大脳の発生時期に沿った
神経前駆細胞の変化と細胞周期進行との
関係を明らかにし、英科学誌
「Nature Communications」電子版に
発表した。
 
 本研究グループは、それぞれ発生時刻の
異なるマウス神経前駆細胞の遺伝子発現を
解析、その結果、細胞の分化状態とは
関係なく時刻の進行に伴い変化する
「時間軸遺伝子」を発見した。
 
 時間軸遺伝子の発現は、発生途中の
マウスの脳内で神経前駆細胞の周期進行を
止めても変化を続け、その後に進行を
再開させると、細胞は正しい発生の時刻に
応じたタイプのニューロンへ分化した
という。
 
 本研究から、神経前駆細胞は
「細胞分裂の回数を数えて発生の時刻を
計っている」のではなく、
発生時刻を刻む「時計」をもとにしている
という答えが示された。
 
 今後、未分化な神経前駆細胞から
特定の役割を持つ細胞が生み出される
メカニズムの解明につながることが
期待される。
---------------------------------------
 
 時間軸遺伝子ね~
 
 想定外な話しが沢山出てきますね。
 
 現在存在している科学の結論は
あくまで、現在までに知り得た結論
というだけのものであって、
正しいのだと言い切る人がいたと
したらそれは間違いです。
 
 真の科学的態度とは言えない。

|

« 植物由来成分であるプテロシンBはSIK3を阻害し変形性関節症の治療薬開発のリード化合物となる | トップページ | 海底観測で捉えた海溝近傍のスロースリップ-スロースリップ発生域は、津波地震の震源域?- »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63593330

この記事へのトラックバック一覧です: 神経前駆細胞に発生の時期を知らせる「時計」があった 名古屋大学:

« 植物由来成分であるプテロシンBはSIK3を阻害し変形性関節症の治療薬開発のリード化合物となる | トップページ | 海底観測で捉えた海溝近傍のスロースリップ-スロースリップ発生域は、津波地震の震源域?- »