« 「タンスの中」から「電池の中」へ~大環状有機分子から全固体リチウムイオン電池の大容量負電極が誕生~ | トップページ | 皮膚をつくる幹細胞の同定に成功 ~古典的概念を覆す新しいモデルの提案~ »

2016年5月17日 (火)

窓ガラスがメモリーになる? -新しい情報表示・記憶装置の開発に成功-

2016-05-16 日本の研究.com
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
研究成果のポイント
 
・無色透明⇔黒色の色変化で情報を
 表示・記憶し,
 同時に電気を通す⇔通さない
 (=電子情報)を記憶し,
 読み出すことが可能な装置。
 
・室温で,安価に製造でき,大面積化が
 容易。
 
・窓ガラスなどに情報を表示・記憶
 ・読み出すことが可能。
 
 
-----
研究成果の概要
 
 「電子カーテン」として最近注目を
浴びているエレクトロクロミック材料に,
薄膜トランジスタ構造を適用することで,
無色透明⇔黒色の色変化で情報を
表示・記憶し,
同時に電気を通す⇔通さない
(=電子情報)を記憶し,読み出すことが
可能な,新しい情報表示・記憶装置の
開発に成功しました。
 
 本装置は,室温で製造できることから,
安価で,大面積化が容易です。
 
 例えば,窓ガラスに情報を表示し,
記憶する装置として応用することが
できます。
---------------------------------------
 
 面白いですね。
 
>本研究の情報表示・記憶装置を用いる
>ことにより,例えば,窓ガラスに
>文字や絵などの情報を表示・記憶する
>ことができるようになります(図 5)。
 
>本装置は,室温下で製造することが
>できるので,熱に強いガラスだけ
>ではなく,熱に弱いプラスティック
>などの上にも作製することが可能です。
 
>大面積化が可能なことから,
>安価に情報表示・記憶装置が製造可能
>です。
 
>情報の表示・消去に要する時間は
>約 10 秒であり,情報表示装置としては
>動作がやや遅いことが課題ですが,
>材料や装置の構造を改良し,
>タッチパネル技術と組み合わせること
>で,真に実用的な情報表示・記憶装置が
>実現すると期待しています。
 
 期待しましょう。

|

« 「タンスの中」から「電池の中」へ~大環状有機分子から全固体リチウムイオン電池の大容量負電極が誕生~ | トップページ | 皮膚をつくる幹細胞の同定に成功 ~古典的概念を覆す新しいモデルの提案~ »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63644814

この記事へのトラックバック一覧です: 窓ガラスがメモリーになる? -新しい情報表示・記憶装置の開発に成功-:

« 「タンスの中」から「電池の中」へ~大環状有機分子から全固体リチウムイオン電池の大容量負電極が誕生~ | トップページ | 皮膚をつくる幹細胞の同定に成功 ~古典的概念を覆す新しいモデルの提案~ »