« 「 世界初、手術が不要の注射による簡便な顎骨造成をマウスで成功 」 ― 歯科医が夢見る患者にやさしい治療法開発への期待 ― | トップページ | がん細胞遺伝子に特定の異常→免疫の攻撃力低下 京大チーム、メカニズム解明 スパコン「京」も駆使 »

2016年5月24日 (火)

フェルラ酸に認知症予防に関する新発見 ファンケルが発表

2016年5月12日 認知症ねっと
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 4月19日、株式会社ファンケルは
米ぬかに含まれるフェルラ酸に、
認知症発症原因の1つである
リン酸化タウタンパク質の蓄積を
低下させる作用があることを発見したと
発表した。
 
 同社は予防医療に関する研究を
6年前から行っており、
今後はフェルラ酸の認知症予防における
機能性解明のための研究をさらに進めて
いくとしている。
 
 漢方薬の当帰(とうき)や米ぬかなどに
含まれているフェルラ酸は、
かねてより強い抗酸化作用があると
されており、認知症においても、
その改善と予防について数多くの報告が
なされてきている。
---------------------------------------
 
 フェルラ酸ね~
 
 どの程度認知症予防に効果があるのかな?
 
 認知症研究はいろいろあってなかなか
画期的な進展が無いです。
 
 今後の研究の進展に期待します。

|

« 「 世界初、手術が不要の注射による簡便な顎骨造成をマウスで成功 」 ― 歯科医が夢見る患者にやさしい治療法開発への期待 ― | トップページ | がん細胞遺伝子に特定の異常→免疫の攻撃力低下 京大チーム、メカニズム解明 スパコン「京」も駆使 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63677316

この記事へのトラックバック一覧です: フェルラ酸に認知症予防に関する新発見 ファンケルが発表:

« 「 世界初、手術が不要の注射による簡便な顎骨造成をマウスで成功 」 ― 歯科医が夢見る患者にやさしい治療法開発への期待 ― | トップページ | がん細胞遺伝子に特定の異常→免疫の攻撃力低下 京大チーム、メカニズム解明 スパコン「京」も駆使 »