« 皮膚をつくる幹細胞の同定に成功 ~古典的概念を覆す新しいモデルの提案~ | トップページ | 少量の尿・血液からがん早期発見、九大-独自の蛍光物質で年内に試薬 »

2016年5月18日 (水)

舌下免疫療法の仕組みを解明 ‐口腔(こうくう)樹状細胞の関与を発見、アレルギー治療への応用に期待‐

平成28年5月12日
東北大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
【研究のポイント】
 
・ 口の中の粘膜に、制御性 T 細胞を
 効率的に誘導できる樹状細胞を発見した。 
・ この樹状細胞は舌下に入れた抗原を
 リンパ節まで運び、アレルギーを
 抑制する制御性 T 細胞を誘導した。
 
・ この樹状細胞の機能を高めること
 により、舌下免疫療法の効果を
 増強できるかもしれない。
 
 
-----
【研究内容】
 
 口の中の表面(口腔粘膜)は常在菌や
食べ物に常にさらされていますが、
これらに対するアレルギーや炎症反応は
通常起きません。
 
 舌下免疫療法注1はこの現象を利用し
て考案されたアレルギーの治療法であり、
抗ヒスタミン薬などによる対症療法注2と
異なり、体質を改善することによる
根本的な治療法ですが、
その詳しい仕組みは分かっていません
でした。
 
 私たちは、実験動物(マウス)の
舌下に抗原を入れると、所属リンパ節
である顎下リンパ節で制御性 T 細胞注3
が誘導されることを発見しました。
 
 そこで、口腔粘膜の抗原提示細胞注4に
着目し精査すると、口腔粘膜の
抗原提示細胞は、マクロファージ、
樹状細胞注5およびランゲルハンス細胞に
分類され、この中で樹状細胞が
レチノイン酸注6と TGF-β注7依存性に、
制御性 T 細胞を誘導する能力をもつこと
を見出しました(図1、2)。
 
 さらに、舌下に入れた抗原の行方を
追跡したところ、まず口腔粘膜の
マクロファージが抗原を取り込み、
次いで樹状細胞が抗原を顎下リンパ節に
運搬し、そこで抗原提示を行い、
制御性 T 細胞を誘導することが
分かりました。
 
 これまで、舌下免疫療法は花粉症などの
アレルギー性鼻炎や喘息に有効であること
が示されていました。
 
 しかし、舌下免疫療法により
制御性 T 細胞が誘導されるのであれば、
他のアレルギー疾患の抑制にも有効である
可能性があります。
 
 この点について検討したところ、
舌下免疫療法が遅延型アレルギー注8の
抑制にも有効であることが
分かりました(図 3)。
 
 さらに、舌下免疫療法を施した
マウスの顎下リンパ節から制御性T 細胞を
取り出し、舌下免疫療法を行っていない
別のマウスに移入したところ、
そのマウスでも遅延型アレルギーの発症が
抑制されることが分かりました(図 4)。
 
 これらの実験により、舌下免疫療法
によって顎下リンパ節に誘導された
制御性 T 細胞が実際にアレルギーを
抑制する機能をもつことが
証明されました。
 
 本研究によって明らかになった
舌下免疫療法の仕組みを図 5 に
まとめます。
 
 本研究は、舌下免疫療法を
有効かつ強力にするための重要な
基礎研究であり、制御性 T 細胞を
誘導する樹状細胞の機能を高めるなど、
今後の応用が期待されます。
 
 なお、本研究は、日本学術振興会科学
研究費補助金の助成を受けて
行われました。
---------------------------------------
 
 初めて舌下免疫療法の仕組みが分かった
ようです。
 
 【研究のポイント】に記載されている
ことがその内容ですね。
 
>本研究は、舌下免疫療法を有効
>かつ強力にするための重要な
>基礎研究であり、制御性 T 細胞を
>誘導する樹状細胞の機能を高めるなど、
>今後の応用が期待されます。
 
 とのことで、期待したい。

|

« 皮膚をつくる幹細胞の同定に成功 ~古典的概念を覆す新しいモデルの提案~ | トップページ | 少量の尿・血液からがん早期発見、九大-独自の蛍光物質で年内に試薬 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63649267

この記事へのトラックバック一覧です: 舌下免疫療法の仕組みを解明 ‐口腔(こうくう)樹状細胞の関与を発見、アレルギー治療への応用に期待‐:

« 皮膚をつくる幹細胞の同定に成功 ~古典的概念を覆す新しいモデルの提案~ | トップページ | 少量の尿・血液からがん早期発見、九大-独自の蛍光物質で年内に試薬 »