« 少量の尿・血液からがん早期発見、九大-独自の蛍光物質で年内に試薬 | トップページ | 膜タンパク質の理論的耐熱化法を開発-熱安定化をもたらすアミノ酸置換を短時間で予測- »

2016年5月19日 (木)

ナノ医療イノベーションセンターなどががんの悪性度がわかるMRI用「ナノマシン造影剤」を開発

2016-5-17 innavi net
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 公益財団法人川崎市産業振興財団
ナノ医療イノベーションセンター
(iCONM),東京大学,東京工業大学,
国立研究開発法人量子科学技術研究開発
機構放射線医学総合研究所(放医研)の
研究グループは,がんの悪性度を検知する
MRI用「ナノマシン造影剤」を開発した。
 
 その研究成果が
Nature Nanotechnology誌
〔オンライン発行:2016年5月16日(月)〕
に掲載された。
 
 これに合わせて,5月16日(月)に,
iCOM(神奈川県川崎市)施設内で
記者会見が行われた。
 
 今回開発されたMRI用ナノマシン造影剤
は高分子ミセル内部のリン酸カルシウムに
マンガンイオンを組み込む。
 
 これにより,がん細胞に到達すると
リン酸カルシウムが溶解して
マンガンイオンが放出され,
それをMRIで画像化できる。
 
 さらに,マンガンイオンは,
タンパク質との相互作用により信号強度が
増大するため,従来のマンガン造影剤や
ガドリニウム造影剤よりも,
がんを高信号で描出する。
 
 そのため,放射線治療や抗がん剤の
耐性があり,転移や浸潤にかかわる
遺伝子群を発現する低酸素領域の
がん細胞を可視化し,早期発見や転移の
検出,治療方針の決定,治療効果の判定
などに活用できる。
 
 1.0T MRIを用いたラットでの実験では,
1.5mmの大腸がん肝転移を検出できた
という。
---------------------------------------
 
 良さそうですね。
 
>MRI用ナノマシン造影剤は,
>今後,臨床使用に向けてさらなる
>研究開発が進められる予定である。
 
>被ばくがなく,ガドリニウム造影剤
>のように副作用のリスクも少ない
>ことは,被検者にとってもメリットが
>大きい。
 
>また,中低磁場装置でも微細ながんを
>高信号で描出できることから,
>日本国内で広く普及しているMRIの
>有効活用にもつながるだけに,
>早期の製品化が期待される。
 
 関連リンクです。
東京工業大学
 
 期待したい。

|

« 少量の尿・血液からがん早期発見、九大-独自の蛍光物質で年内に試薬 | トップページ | 膜タンパク質の理論的耐熱化法を開発-熱安定化をもたらすアミノ酸置換を短時間で予測- »

医療関係者の言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63653845

この記事へのトラックバック一覧です: ナノ医療イノベーションセンターなどががんの悪性度がわかるMRI用「ナノマシン造影剤」を開発:

« 少量の尿・血液からがん早期発見、九大-独自の蛍光物質で年内に試薬 | トップページ | 膜タンパク質の理論的耐熱化法を開発-熱安定化をもたらすアミノ酸置換を短時間で予測- »