« プロテオーム統合データベースjPOSTを開発~アジア・オセアニア唯一の国際標準データリポジトリをスタート~ | トップページ | 煙霧により見通しの利かなくなる火災現場でテラヘルツ波により視界を確保 »

2016年5月 5日 (木)

阪大、iPSでダウン症の血液異常原因を解明

2016年05月01日 日刊工業新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 大阪大学大学院医学系研究科の
大薗恵一教授と北畠康司助教らのグループ
は、ダウン症候群で頻発する血液異常の
合併症「一過性骨髄異常増殖症(TAM)」
の病態メカニズムを解明し、
原因を発見した。
 
 ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)と、
「ゲノム編集」と呼ばれる遺伝子改変技術
を組み合わせて解析した。
 
 ダウン症候群で頻発する白血病や
多様な合併症に関して、診断や治療法開発
につながる可能性がある。
---------------------------------------
 
 iPS細胞と「ゲノム編集」技術を
組み合わせてTAMの病態再現に
成功した。ようです。
 
 この成果が今後の発展に繋がることを
期待します。

|

« プロテオーム統合データベースjPOSTを開発~アジア・オセアニア唯一の国際標準データリポジトリをスタート~ | トップページ | 煙霧により見通しの利かなくなる火災現場でテラヘルツ波により視界を確保 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63583521

この記事へのトラックバック一覧です: 阪大、iPSでダウン症の血液異常原因を解明:

« プロテオーム統合データベースjPOSTを開発~アジア・オセアニア唯一の国際標準データリポジトリをスタート~ | トップページ | 煙霧により見通しの利かなくなる火災現場でテラヘルツ波により視界を確保 »