« ヒト乳歯歯髄幹細胞の細胞培養液を使った新しい多発性硬化症 の治療法開発 | トップページ | リチウムホウ素化合物の新しい合成法を開発-入手容易な原料から1段階で新奇な構造の構築が可能に- »

2016年4月17日 (日)

被災牛の歯から放射性ストロンチウム~歯に残された放射能汚染の記録~

2016年4月11日
東北大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 東北大学歯学研究科、理学研究科、
農学研究科、加齢医学研究所等からなる
共同研究グループでは、福島第一原発事故
の後、旧警戒区域に放たれたウシの歯を
収集し、それらの歯に含まれるSr-90の量
を測定し評価してきました。
 
 本研究では、年齢の違う8頭の牛から
9本の歯をそれぞれ採取し測定を行い、
原発事故以降に形成された歯の
Sr-90濃度が、事故前と比べて高く
なっていることを見出しました。
 
 このことから、歯の中のSr-90の
放射能量から個体の内部被ばく線量を
評価する手がかりを得られることが
分かりました。
 
 原発事故により、環境中に存在する
安定ストロンチウムにSr-90が加わった
ため、環境中のSr-90と
安定ストロンチウムの比(比放射能値)
は、Sr-90が降下した場所と事故からの
経過時間により異なります。
 
 本研究から、歯の中の比放射能値は、
ウシの採取場所と時期、年齢、
歯の形成段階により異なることが
分かりました。
 
 したがって、歯の比放射能値を測定する
ことにより、環境中の放射能汚染の
時間経過、体内に取り込まれた
Sr-90の総量を過去にまで遡って推定し、
内部被ばく線量を評価できる可能性がある
ことが示されました。
 
 本研究の成果は平成28年4月6日付けで、
Scientific Reports 誌に掲載されました。
 
---------------------------------------
 
 Sr-90は一体どの位の量、漏れ出たので
しょうか?
 
 原発の区域外には漏れていないと言って
いたような気もしますが、
 
 これで定量的に把握出来るように
なると思われます。
 
 どんな結果が出るか興味津々です。

|

« ヒト乳歯歯髄幹細胞の細胞培養液を使った新しい多発性硬化症 の治療法開発 | トップページ | リチウムホウ素化合物の新しい合成法を開発-入手容易な原料から1段階で新奇な構造の構築が可能に- »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63498553

この記事へのトラックバック一覧です: 被災牛の歯から放射性ストロンチウム~歯に残された放射能汚染の記録~:

« ヒト乳歯歯髄幹細胞の細胞培養液を使った新しい多発性硬化症 の治療法開発 | トップページ | リチウムホウ素化合物の新しい合成法を開発-入手容易な原料から1段階で新奇な構造の構築が可能に- »