« 死んだわが子が生き返った 蘇生医療の最前線 | トップページ | 事故を未然に防ぐ! 開発進むインフラ検査技術 »

2016年4月 5日 (火)

乳酸菌が産生する多糖に自己免疫疾患(乾癬)の症状を緩和する効果を確認

― 2015年3月26日~29日開催の
 日本農芸化学会2015年度大会にて発表 ―
2015.04.02 atpress
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 医薬品の製造販売を手がける
日東薬品工業株式会社(以下「日東薬品」)
は、広島大学大学院生物圏科学研究科
田辺 創一教授(以下「広島大学」)との
共同研究で、乳酸菌
(Leuconostoc mesenteroides subsp.
mesenteroides NTM048株、以下
「NTM048株」)の菌体外多糖(以下「EPS」)
に、免疫機能の異常によって
引き起こされる皮ふ疾患「乾癬(かんせん)」
の症状を緩和する効果があることを
確認しました。
 
 また、本研究結果を、
2015年3月26日(木)~29日(日)で
実施された日本農芸化学会2015年度大会
にて発表しました。
---------------------------------------
 
 乳酸菌と一口に言ってもいろいろ
種類があるのでなんとも、
 
 研究が進めば、もっといろいろ
有益な乳酸菌が発見されると思われます。
 
 要監視としておきましょう。

|

« 死んだわが子が生き返った 蘇生医療の最前線 | トップページ | 事故を未然に防ぐ! 開発進むインフラ検査技術 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63444113

この記事へのトラックバック一覧です: 乳酸菌が産生する多糖に自己免疫疾患(乾癬)の症状を緩和する効果を確認:

« 死んだわが子が生き返った 蘇生医療の最前線 | トップページ | 事故を未然に防ぐ! 開発進むインフラ検査技術 »