« 腎臓の元となる細胞を増やすことに成功~腎臓の再生医療に向け前進~ | トップページ | 植物細胞の形づくりの謎を頭蓋骨の研究が解明? 医学・植物学を数学がつなぐ「超」異分野融合研究 »

2016年4月22日 (金)

緑内障抑える化合物発見 マウスで効果 京大

2016年4月20日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 失明につながる緑内障の進行を抑える
化合物を、京都大のグループが見つけた。
 
 緑内障のマウスで試して効果を確かめた。
 
 グループは年内にも、短時間で失明する
目の病気の患者を対象に安全性や効果を
確かめる試験を始める予定。
 
 英科学誌ヘリヨンに19日発表した。
 
 緑内障は日本人の失明原因で最も多い。
 
 目の中の水分の圧力(眼圧)など
によって、網膜の神経が傷ついて起きる。
 
 眼圧を下げる薬や手術はあるが、
進行を止めづらい。
 
 傷ついた神経細胞では、細胞に不可欠な
ATPという分子が少なくなっている。
 
 グループは細胞内のATPの量を高める
化合物を開発。
 
 遺伝的に眼圧が高く、緑内障になる
マウスに生後2カ月から毎日飲ませると、
神経の減少は、生後10カ月の時点で
2割減にとどまった。
 
 化合物を与えないマウスは6割以上
減っていた。
 
 薬剤で目の神経を傷つけたマウスでも、
神経細胞の減り方を抑えられた。
 
 この化合物は人に使われたことがなく、
安全性や効果は今後調べる。
 
 グループの池田華子准教授は
「試験がうまく進めば、5年後ぐらいには
緑内障で試験を始めたい」と話している。
---------------------------------------
 
 やっと緑内障にも、ちょっと光が
見えて来たかな? という感じです。
 
 有効な治療法がありません。
 
 特に正常眼圧緑内障は眼圧コントロール
だけでは進行を十分に抑えることが
出来ません。
 
 この進捗では、
>「試験がうまく進めば、5年後ぐらい
>には緑内障で試験を始めたい」
 とのことで、
 
 その結果待ちですから、私には多分、
間に合わない。残念です。
 
 患者の立場から見ると、医学の進歩は
本当に遅い。
 
 せっかく新薬候補が見つかっても、
死の谷の問題、製薬会社の対応、
ドラッグラグの問題等、いろいろあって
なかなか進まないのが現状。
 
 研究者は、一生懸命頑張って
いるのだと信じていますが、

|

« 腎臓の元となる細胞を増やすことに成功~腎臓の再生医療に向け前進~ | トップページ | 植物細胞の形づくりの謎を頭蓋骨の研究が解明? 医学・植物学を数学がつなぐ「超」異分野融合研究 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63520592

この記事へのトラックバック一覧です: 緑内障抑える化合物発見 マウスで効果 京大:

« 腎臓の元となる細胞を増やすことに成功~腎臓の再生医療に向け前進~ | トップページ | 植物細胞の形づくりの謎を頭蓋骨の研究が解明? 医学・植物学を数学がつなぐ「超」異分野融合研究 »