« 国立がん研究センター、東京大学、第一三共 新規分子標的薬を共同開発 悪性リンパ腫(成人T細胞白血病リンパ腫含む)に対する第 I 相試験開始 | トップページ | iPS 心筋細胞、がん化抑制に道 慶応大チーム »

2016年4月 7日 (木)

非 GPS 環境下でも小型無人航空機(ドローン)の安定した自動飛行が可能に - リコー、ブルーイノベーション、東京大学が共同開発 -

2016 年 3 月 16 日
国立大学法人東京大学
株式会社リコー
ブルーイノベーション株式会社
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
発表のポイント:
 
◆IMU センサー(注 1)と
 超広角ステレオカメラ(注 2)の
 融合による小型無人航空機(ドローン)
 の室内自動飛行試験に成功した。
 
◆IMU センサーと超広角ステレオカメラの
 融合により、非 GPS
 (全地球測位システム)環境下でも
 安定した自動飛行が可能な
 小型無人航空機システムを
 共同開発した。
 
◆GPS の受信が不安定または受信が
 できない環境下でもドローンによる
 精密点検や警備等が可能になり、
 危険作業や目視が難しい場所での作業に
 大きく貢献することが期待される。
---------------------------------------
 
 ドローンは凄く有用な機器だと思って
います。
 
 
>危険を伴う高所での点検や
>橋の下やトンネルの中の点検などの
>作業をするにあたり、
>本研究で開発した非 GPS 環境下で
>安定した飛行を行う無人航空機による
>高所・危険作業現場での精密点検が
>可能になることにより、
>安全作業をする上で無人航空機の
>社会的有効利用に拍車がかかることが
>期待されます。
 
 大いに期待したい。

|

« 国立がん研究センター、東京大学、第一三共 新規分子標的薬を共同開発 悪性リンパ腫(成人T細胞白血病リンパ腫含む)に対する第 I 相試験開始 | トップページ | iPS 心筋細胞、がん化抑制に道 慶応大チーム »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63451698

この記事へのトラックバック一覧です: 非 GPS 環境下でも小型無人航空機(ドローン)の安定した自動飛行が可能に - リコー、ブルーイノベーション、東京大学が共同開発 -:

« 国立がん研究センター、東京大学、第一三共 新規分子標的薬を共同開発 悪性リンパ腫(成人T細胞白血病リンパ腫含む)に対する第 I 相試験開始 | トップページ | iPS 心筋細胞、がん化抑制に道 慶応大チーム »