« この水素発生システムPEGSの触媒の構造って・・ | トップページ | 工業材料で製作した熱化学法ISプロセス水素製造試験装置による水素製造に成功 »

2016年4月 4日 (月)

「セルロースナノファイバー」強度は鉄の5倍、軽く熱にも強く変幻自在・・・日本がトップ走る新素材開発!実用化できるか?

2016/1/14 j-castテレビウォッチ
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 紙の繊維から作られる新素材
「セルロースナノファイバー」(CNF)が
世界を変えるかもしれない。
 
 ナノファイバーはパルプ1本の
繊維の中のさらに細かい繊維を取りだした
もので、太さは髪の毛の5000分の1から
1万分の1だ。
 
 普通の紙は1本の繊維が太いため
繊維同士の結合が弱いが、
ナノファイバーは細い繊維が多く
密接に結合することで強い素材にできる。
 
 熱にも強い。
 
 そのため、鉄やプラスティックといった
素材のかわりになると期待されている。
 
 京都大生存圏研究所の矢野浩之教授は
こう解説する。
 
 「透明にできるので、ガラスのかわり
にもなり、しかも曲げられる。
 
 航空機の部品にも入っていける
という夢があります」
 
 原料は紙と同じ草や木で、成育過程で
二酸化酸素を吸収し、ゴミも環境負荷が
少なく処理できるので環境にやさしい
という。
 
 すでに世界の国々が開発競争を進めて
いるが、「古くから紙産業が盛んで、
植物の加工を得意とする日本が世界を
リードしています」と国谷裕子キャスター
は伝える。
---------------------------------------
 
 カーボン繊維とか、クモの糸とか
いろいろ出てきますね。
 
 今度は「セルロースナノファイバー」
 鉄よりも強く、ずっと軽いと、
 
 でも今のところ製造コストが5~10倍
位かかるらしい。
 
 今後に期待です。

|

« この水素発生システムPEGSの触媒の構造って・・ | トップページ | 工業材料で製作した熱化学法ISプロセス水素製造試験装置による水素製造に成功 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63439162

この記事へのトラックバック一覧です: 「セルロースナノファイバー」強度は鉄の5倍、軽く熱にも強く変幻自在・・・日本がトップ走る新素材開発!実用化できるか?:

« この水素発生システムPEGSの触媒の構造って・・ | トップページ | 工業材料で製作した熱化学法ISプロセス水素製造試験装置による水素製造に成功 »