« リチウムイオン電池を凌ぐ革新型蓄電池の基礎技術を構築 | トップページ | iPS細胞とゲノム編集技術を用いて筋萎縮性側索硬化症(ALS)の病態モデルを構築 -病態の全容解明へと前進、新薬開発に期待- »

2016年3月30日 (水)

スパコンの中に生きた心臓を再現 心臓シミュレータ UT-Heart

2016年2月3日
サイエンスポータル科学ニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。
 
---------------------------------------
概要
 
 計算機の性能向上とともに、
コンピュータシミュレーションへの
注目が高まっています。
 
 中でも注目を集めるのが
心臓シミュレータ「UT-Heart」。
 
 さまざまなスケールとメカニズム
からなる複雑な心臓を、
まるごと再現しようという画期的な
研究です。
---------------------------------------
 
 素晴らしいと思いますが、
スーパーコンピュータを使用するのは
お金がかかる。
 
 ペイするのかな?
 
 副作用などの評価は、こちらを使用
する方が安価?
 
 認可の条件はどうなっている?
 
 シミュレーションは認められないと
すると意味がない。
 
 技術的には素晴らしいと思う。
 生身の心臓を使った実験など出来ない
わけだから、
 
 期待したい。

|

« リチウムイオン電池を凌ぐ革新型蓄電池の基礎技術を構築 | トップページ | iPS細胞とゲノム編集技術を用いて筋萎縮性側索硬化症(ALS)の病態モデルを構築 -病態の全容解明へと前進、新薬開発に期待- »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63416064

この記事へのトラックバック一覧です: スパコンの中に生きた心臓を再現 心臓シミュレータ UT-Heart:

« リチウムイオン電池を凌ぐ革新型蓄電池の基礎技術を構築 | トップページ | iPS細胞とゲノム編集技術を用いて筋萎縮性側索硬化症(ALS)の病態モデルを構築 -病態の全容解明へと前進、新薬開発に期待- »