« フラーレンC70に水分子を閉じ込めることに成功 ~水分子の挙動観測に成功し、新機能物質の開発に期待~ | トップページ | 神経細胞が特定のタイプにのみ分化するメカニズムを解明 »

2016年3月10日 (木)

マラリアで誘導される新しいタイプの免疫制御性T細胞を発見

2016年03月09日 長崎大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
発見の概要
 
 医歯薬学総合研究科の
由井克之教授・木村大輔助教らの
研究グループは、マラリア原虫感染で
誘導される新たな免疫制御性T細胞を
発見しました。
 
 免疫応答においては、アクセルと
ブレーキの調節が重要です。
 
 免疫応答にブレーキをかけるT細胞は、
大阪大学免疫学フロンティア研究センター
坂口志文教授の発見した制御性T細胞が
有名です。
 
 今回、由井教授・木村助教らが発見した
免疫制御性細胞は、細胞の起源も
免疫抑制の仕組みも従来から知られていた
制御性T細胞とは異なるこれまで
知られていなかった制御性T細胞です。
 
 由井教授・木村助教らは、
このユニークな制御性T細胞が
マラリア原虫感染マウスにおいて
誘導され、インターロイキン-27
というサイトカイン(たんぱく質)を
介してマラリア原虫に対する免疫応答を
抑制し、原虫の排除を妨げることを
発見しました。
 
 この細胞の活性を調整することにより、
感染防御能力やワクチン効果を強化する
ことが期待されます。
 
 さらに、感染症を初めとする
種々免疫関連疾患の新しい治療法に
結びつく可能性がある発見です。
 
 
発表雑誌
雑誌名:Immunity
---------------------------------------
 
 これまで知られていなかった
制御性T細胞だそうです。
 
 これからですね。
 
>マラリア以外の他の感染症や
>免疫疾患においても同様な制御性T細胞
>が存在する可能性があり、免疫関連疾患
>の治療に広く応用される可能性を
>有しています。
 そう思います。
 
 これからの展開に期待したい。

|

« フラーレンC70に水分子を閉じ込めることに成功 ~水分子の挙動観測に成功し、新機能物質の開発に期待~ | トップページ | 神経細胞が特定のタイプにのみ分化するメカニズムを解明 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63325489

この記事へのトラックバック一覧です: マラリアで誘導される新しいタイプの免疫制御性T細胞を発見:

« フラーレンC70に水分子を閉じ込めることに成功 ~水分子の挙動観測に成功し、新機能物質の開発に期待~ | トップページ | 神経細胞が特定のタイプにのみ分化するメカニズムを解明 »