« 透明作物を短時間で作製する手法“TOMEI”の開発~作物の内部構造の解析やバイオマス定量解析が可能に~ | トップページ | 岡山大、がんに標的抗原を発現させて光線免疫療法を応用することに成功 »

2016年3月 1日 (火)

“生きた耳と顎の骨のプリントに成功”臓器移植不要な近未来到来か

2016年03月01日 WEDGE Infinity
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
>実際に我々が自分の細胞から
>新しい内臓や器官を作り出し、
>それを自分の身体に移植できる
>ようになるにはまだ数年が必要
>だという。
 
 まだ時間がかかりそうですね。
 
 こんなやり方で機能する臓器が
出来るのだろうか?
 
 本来の臓器の出来方とは違うので
疑問が出てきてしまいます。
 
 ちょっと強引なやり方なので、
どこかに歪みが出るのでは?
 
 とか、ちょっと疑問がありますが、
可能性はあるはずなので、
今後の展開に注目して行きたい。

|

« 透明作物を短時間で作製する手法“TOMEI”の開発~作物の内部構造の解析やバイオマス定量解析が可能に~ | トップページ | 岡山大、がんに標的抗原を発現させて光線免疫療法を応用することに成功 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63285026

この記事へのトラックバック一覧です: “生きた耳と顎の骨のプリントに成功”臓器移植不要な近未来到来か:

« 透明作物を短時間で作製する手法“TOMEI”の開発~作物の内部構造の解析やバイオマス定量解析が可能に~ | トップページ | 岡山大、がんに標的抗原を発現させて光線免疫療法を応用することに成功 »