« 痛みに耐え、花開く 同一賃金オランダの改革 | トップページ | 健康な日本人の腸内細菌叢の特徴解明、約500万の遺伝子を発見 平均寿命の高さや低肥満率等との関連も示唆 »

2016年3月21日 (月)

血糖値を唾液で監視 東京医科歯科大、センサーを開発

2016/3/21 東京医科歯科大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 東京医科歯科大学の三林浩二教授らは
口の中の唾液で糖分の濃度を測り、
血糖値を監視する小型端末を開発した。
 
 奥歯の近くにセンサーを取り付け、
測定データを無線で常時伝送する。
 
 糖尿病の患者や予備軍が採血の手間なく、
健康状態を確認できる。
 
 共同開発をする企業を探し、5年以内に
実用化したい考えだ。
---------------------------------------
 
 素晴らしいことだと思う。
 
 5年以内に実用化出来るかどうかが
気になる所です。
 あと、費用ですね。
 
 糖尿病で苦しんでいる人は多い。
 
 今後の展開に期待したい。

|

« 痛みに耐え、花開く 同一賃金オランダの改革 | トップページ | 健康な日本人の腸内細菌叢の特徴解明、約500万の遺伝子を発見 平均寿命の高さや低肥満率等との関連も示唆 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63375338

この記事へのトラックバック一覧です: 血糖値を唾液で監視 東京医科歯科大、センサーを開発:

« 痛みに耐え、花開く 同一賃金オランダの改革 | トップページ | 健康な日本人の腸内細菌叢の特徴解明、約500万の遺伝子を発見 平均寿命の高さや低肥満率等との関連も示唆 »