« “生きた耳と顎の骨のプリントに成功”臓器移植不要な近未来到来か | トップページ | 徳島大、胃がん患者に認められるHER2遺伝子増幅を血液で検出する方法を開発 »

2016年3月 2日 (水)

岡山大、がんに標的抗原を発現させて光線免疫療法を応用することに成功

2016/02/29 マイナビニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 岡山大学は2月29日、標的抗原のない
がんに人工的に標的抗原を発生させること
で、既存の抗体医薬品を用いた
近赤外線光線免疫療法を応用する
新たな治療法を開発したと発表した。
 
 同成果は岡山大学病院低侵襲治療
センターの香川俊輔 准教授、
米国国立がん研究所(NCI)の小林久隆
主任研究員らの研究グループによるもので、
米科学誌
「Molecular Cancer Therapeutics」
電子版で公開された。
 
 今回の研究では、遺伝子改変ウイルス
製剤によりHER2を積極的に発現させること
で、標的抗原を発現していないがん
に対しても既存の抗HER2抗体薬を
がん細胞に到達させて、近赤外線光線
免疫療法を応用できることを
マウスを用いた実験で証明した。
---------------------------------------
 
 少しずつ進んでいます。
 
 この研究報告ですね。
 
 この投稿の次の段階かな?
2015年5月 6日
 
 早く治験の段階に進んで貰いたい。

|

« “生きた耳と顎の骨のプリントに成功”臓器移植不要な近未来到来か | トップページ | 徳島大、胃がん患者に認められるHER2遺伝子増幅を血液で検出する方法を開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63288852

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山大、がんに標的抗原を発現させて光線免疫療法を応用することに成功:

« “生きた耳と顎の骨のプリントに成功”臓器移植不要な近未来到来か | トップページ | 徳島大、胃がん患者に認められるHER2遺伝子増幅を血液で検出する方法を開発 »