« 間葉系幹細胞(MSC)が免疫性線維化の原因であることを発見-骨髄移植による重篤な合併症、GVHD の予防法につながる成果- | トップページ | ナノ粒子を利用した太陽熱による高効率な水の加熱に成功~セラミックスのプラズモン共鳴を用いた太陽熱利用の促進に期待~ »

2016年3月 5日 (土)

iPS細胞で作った組織のがん 微量でも検出可能に

2016年3月4日 NHK NEWS web
 
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
動画があります。
 
 動画わかりやすいですね。
 
>がん細胞が入っていた場合には
>1000万個に1個という量でも
>見つけ出すことができるように
>なった。
 すごいです。
 
>佐藤部長は、「iPS細胞を使った
>再生医療では、細胞の培養中に
>がん細胞ができる可能性がゼロではなく、
>がん細胞の混入があれば、高い感度で
>見つけ出す必要がある。
 
>今後、大量の細胞を使う脊髄損傷や
>心臓病の治療をより安全にするのに
>役立つと思う」と話しています。
 素晴らしい。
 
 大いに期待したい。

|

« 間葉系幹細胞(MSC)が免疫性線維化の原因であることを発見-骨髄移植による重篤な合併症、GVHD の予防法につながる成果- | トップページ | ナノ粒子を利用した太陽熱による高効率な水の加熱に成功~セラミックスのプラズモン共鳴を用いた太陽熱利用の促進に期待~ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63302265

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞で作った組織のがん 微量でも検出可能に:

« 間葉系幹細胞(MSC)が免疫性線維化の原因であることを発見-骨髄移植による重篤な合併症、GVHD の予防法につながる成果- | トップページ | ナノ粒子を利用した太陽熱による高効率な水の加熱に成功~セラミックスのプラズモン共鳴を用いた太陽熱利用の促進に期待~ »