« 徳島大、胃がん患者に認められるHER2遺伝子増幅を血液で検出する方法を開発 | トップページ | 異なる原子の光格子時計を短時間で比較することに成功~周波数比の高速かつ超精密な測定は新しい物理への窓を開く~ »

2016年3月 2日 (水)

清末優子ユニットリーダーが米国科学振興協会ニューカム・クリーブランド賞を受賞

2016年2月29日
理化学研究所
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
>ニューカム・クリーブランド賞は、
>米国科学振興協会の最も古い歴史
>を持つ賞で、1923年に制定されました。
 
>同協会が発行する科学雑誌『Science』
>に毎年6月から翌年5月に掲載された
>研究論文のうち、基礎科学の進展に
>深く貢献するデータや理論、
>広く影響を及ぼす技術的成果を発表した
>論文の全著者に贈られます。
 
 
>末ユニットリーダーは、
>エリック・ベツィグ博士
>(米国ハワード・ヒューズ医学研究所、
>2014年ノーベル化学賞受賞)
>らとともに、新しい光学顕微鏡技術、
>“格子光シート顕微鏡法”を開発した
>論文、「Lattice light-sheet
> microscopy: Imaging molecules to
> embryos at high spatiotemporal
> resolution」(2014年10月24日号掲載)
>の共著者として受賞しました
 
 おめでとうございます。

|

« 徳島大、胃がん患者に認められるHER2遺伝子増幅を血液で検出する方法を開発 | トップページ | 異なる原子の光格子時計を短時間で比較することに成功~周波数比の高速かつ超精密な測定は新しい物理への窓を開く~ »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63288985

この記事へのトラックバック一覧です: 清末優子ユニットリーダーが米国科学振興協会ニューカム・クリーブランド賞を受賞:

« 徳島大、胃がん患者に認められるHER2遺伝子増幅を血液で検出する方法を開発 | トップページ | 異なる原子の光格子時計を短時間で比較することに成功~周波数比の高速かつ超精密な測定は新しい物理への窓を開く~ »