« iPS細胞とゲノム編集技術を用いて筋萎縮性側索硬化症(ALS)の病態モデルを構築 -病態の全容解明へと前進、新薬開発に期待- | トップページ | 炭素材料の温度差発電性能を食塩の添加により飛躍的に向上 ~実用化水準の耐久性をもつn型カーボンナノチューブの熱電発電シートを開発 新しい無停電電源への応用期待~ »

2016年3月31日 (木)

ペロブスカイト太陽電池 日本発の「新型太陽電池」の実用化 に期待できそう。

2016年02月26日 NAVERまとめ
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 ''2009年に桐蔭横浜大学 宮坂力教授らの
チームがペロブスカイト結晶の薄膜を
発電部に使用、太陽電池として動作する
ことを確認
 
 ''安定性など実用化に向けた課題は
あるものの、圧倒的に低コストで
作製できる可能性を秘めており、
太陽電池の新たな市場を切り開こう
としている。
 
 「ペロブスカイト」という結晶構造を
持つ、日本発の新型太陽電池が
世界の研究者から注目されている。
 
 開発からわずか5年で
エネルギー変換効率が5倍に増え、
現在主流のシリコン系太陽電池に
近づきつつある。
---------------------------------------
 
 有望そうな気がします。
 
 最近の報告です。
2016.03.28
国立研究開発法人 物質・材料研究機構
 
 実用化が近そうな気もします。
 
 日本発の新型太陽電池が世に出ると
なれば素晴らしいこと。

|

« iPS細胞とゲノム編集技術を用いて筋萎縮性側索硬化症(ALS)の病態モデルを構築 -病態の全容解明へと前進、新薬開発に期待- | トップページ | 炭素材料の温度差発電性能を食塩の添加により飛躍的に向上 ~実用化水準の耐久性をもつn型カーボンナノチューブの熱電発電シートを開発 新しい無停電電源への応用期待~ »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63420042

この記事へのトラックバック一覧です: ペロブスカイト太陽電池 日本発の「新型太陽電池」の実用化 に期待できそう。:

« iPS細胞とゲノム編集技術を用いて筋萎縮性側索硬化症(ALS)の病態モデルを構築 -病態の全容解明へと前進、新薬開発に期待- | トップページ | 炭素材料の温度差発電性能を食塩の添加により飛躍的に向上 ~実用化水準の耐久性をもつn型カーボンナノチューブの熱電発電シートを開発 新しい無停電電源への応用期待~ »