« 脳脊髄の髄鞘再生をMRIで可視化することに成功-多発性硬化症や神経再生医療に新たな「眼」- | トップページ | 微生物学 梁教授ら研究グループががん幹細胞の増殖を抑制する新規化合物をトチュウから発見 »

2016年3月 6日 (日)

新たな骨カルシウム溶解メカニズムを発見-高感度三次元X線顕微鏡でカルシウムが骨内部から染み出している姿を世界で初めて観察

2016/03/04
ラトックシステムエンジニアリング
株式会社
国立大学法人北海道大学
国立大学法人東北大学
慶應義塾大学医学部
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 ラトックシステムエンジニアリング
株式会社 南郷脩史代表取締役と、
国立大学法人北海道大学大学院歯学研究科
長谷川智香助教、国立大学法人東北大学
多元物質科学研究所 百生敦教授、
慶應義塾大学医学部 共同利用研究室
(細胞組織学) 松尾光一教授らの
研究グループは、開発した
高感度三次元X線顕微鏡を活用し、
新たな骨カルシウム溶解メカニズムを
発見しました。
 
 これまで、血液中のカルシウム濃度が
低下すると破骨細胞が骨表面を溶かすこと
で、血液中にカルシウムを供給すると
考えられていました。
 
 しかし、骨の中に無数に存在する
骨細胞も骨細管を利用し、
骨形状を破壊せずに骨内部から
カルシウムを溶解して、血中に放出する
働きを持っていることを明らかに
しました。
 
 今回、骨細胞と骨細管の
ネットワークによるカルシウム溶解、
蓄積作用が明らかになったことで、
骨が減少する病気の新しい予防や
治療方法につながることが期待されます。
 
 この成果は、2015年12月17日付けで
雑誌BONEにオンライン掲載されました。
 
プレスリリース全文は、以下を
ご覧ください。
---------------------------------------
 
 新しい知見です。
 
>破骨細胞が存在しないマウスを
>人工的に作成しても、そのマウスは
>生存し得ることが分かっており、
>破骨細胞の働き以外に
>カルシウム濃度維持を担う仕組みの
>存在が示唆されていました。
 
 
>多くの骨減少症治療薬は破骨細胞の
>骨破壊作用を抑える働きをしています。
 
>しかし、骨が生まれ変わる作用が
>抑制されると古い骨が残ってしまうため、 
>骨をもろくしてしまうという副作用が
>ありました。
 
>今回の成果によって、破骨細胞による
>骨破壊を伴う作用と、骨細胞による
>骨破壊を伴わない作用の両者を
>コントロールすることで、
>副作用を伴わない治療方法の開発が
>期待できます。
 
 期待しましょう。

|

« 脳脊髄の髄鞘再生をMRIで可視化することに成功-多発性硬化症や神経再生医療に新たな「眼」- | トップページ | 微生物学 梁教授ら研究グループががん幹細胞の増殖を抑制する新規化合物をトチュウから発見 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63307332

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな骨カルシウム溶解メカニズムを発見-高感度三次元X線顕微鏡でカルシウムが骨内部から染み出している姿を世界で初めて観察:

« 脳脊髄の髄鞘再生をMRIで可視化することに成功-多発性硬化症や神経再生医療に新たな「眼」- | トップページ | 微生物学 梁教授ら研究グループががん幹細胞の増殖を抑制する新規化合物をトチュウから発見 »