« 究極の有機EL発光材料を福岡から世界へ向けて実用化開発へ | トップページ | 生体内部を高度に認識できる糖鎖複合体-糖鎖を用いた創薬や診断分子の開発に大きな手がかり- »

2016年2月26日 (金)

蚕のたんぱく質で医薬品 絹糸腺での合成速度は培養細胞の100万倍以上

2016年2月25日 毎日新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 農業生物資源研究所は2000年、
初めて蚕の遺伝子組み換えに成功。
 
 目的のたんぱく質を作らせることが
可能になった。
 
 蚕が作ったたんぱく質は絹糸腺やまゆ
から抽出できる。
 
 研究所の瀬筒(せづつ)秀樹・遺伝子
組換えカイコ研究開発ユニット長は
「蚕はとても効率のよいたんぱく質の
生産工場。高額な設備投資がなくても
大量飼育が可能で、扱いやすいのも
利点だ」と説明する。
 
 既に骨粗しょう症の体外診断薬などが
実用化しており、蚕にヒトのコラーゲンを
作らせて配合した化粧品も市販されている。
 
 大量生産システム、安全性や品質の
管理技術など課題も多いが、瀬筒さんは
「個別化医療や難病、希少疾患など、
少量多品目の医薬品開発に向いている
のではないか」と期待する。
---------------------------------------
 
 良さそうです。
 
>瀬筒さんは「養蚕農家は激減し、
>技術の継承が危ぶまれている。
>新産業の創出につなげ、養蚕を見直す
>きっかけにしたい」と話している。
 
 是非、そうなって欲しい。

|

« 究極の有機EL発光材料を福岡から世界へ向けて実用化開発へ | トップページ | 生体内部を高度に認識できる糖鎖複合体-糖鎖を用いた創薬や診断分子の開発に大きな手がかり- »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63265684

この記事へのトラックバック一覧です: 蚕のたんぱく質で医薬品 絹糸腺での合成速度は培養細胞の100万倍以上:

« 究極の有機EL発光材料を福岡から世界へ向けて実用化開発へ | トップページ | 生体内部を高度に認識できる糖鎖複合体-糖鎖を用いた創薬や診断分子の開発に大きな手がかり- »