« 情報伝達より速い神経細胞 iPS細胞から作製成功 | トップページ | 世界の食品廃棄は年13億トン、国連は半減を約束 »

2016年2月28日 (日)

回復困難だった突発性難聴に画期的な聴覚再生治療法開始

2016年2月27日 Biglobe News
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
>「最初の2週間はIGF-1留置と
>ステロイド剤注入ともに、同程度に
>聴力が回復しました。
 
>ところが4週間を過ぎると
>ステロイド剤のほうは聴力が
>それ以上変化しなかったのですが、
>IGF-1は、じわじわと聴力が回復する
>傾向がありました。
>1か月すぎても聴力は戻っています。
>ゆっくりですが、良くなることが
>確認されています」(中川医師)
 
>現在、医師主導治験に向け準備が
>進められ、平成29年度には開始される
>予定だ。
 
 良さそうです。
 
 良い治験結果が得られるよう祈って
います。

|

« 情報伝達より速い神経細胞 iPS細胞から作製成功 | トップページ | 世界の食品廃棄は年13億トン、国連は半減を約束 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63274608

この記事へのトラックバック一覧です: 回復困難だった突発性難聴に画期的な聴覚再生治療法開始:

« 情報伝達より速い神経細胞 iPS細胞から作製成功 | トップページ | 世界の食品廃棄は年13億トン、国連は半減を約束 »