« 心停止の患者 水素で脳ダメージ軽減 臨床研究開始へ | トップページ | 大腸がんの進化原理を解明!がんに対する予防と新しい治療法へ期待 »

2016年2月22日 (月)

「網膜の難病」薬開発へ 岩手大が治療法研究

2016年2月22日 岩手日報
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 岩手大(岩渕明学長)は18日、
冨田浩史工学部教授らが研究する
失明や視力低下する難病「網膜色素変性症」
治療の手法を使った臨床応用への
取り組みが始まると発表した。
 
 改変した緑藻(りょくそう)の遺伝子を
注入して視覚回復させる手法で、
アステラス製薬などが遺伝子治療薬の
開発、実用化を目指す。
 
 冨田教授は「まだモノクロの視力回復。
カラーで見られるよう次の段階へと
研究を進めたい」と意気込む。
---------------------------------------
 
 Good Newsです。
 
 遺伝子治療薬というのは珍しいですね。
 
 こちらとの関係はどうなのかな?
2012年9月 4日
 遺伝子治療と言っています。
 
 まだ治療効果はiPS細胞の再生医療
も含めて十分ではないようですが、
期待して見守りたい。

|

« 心停止の患者 水素で脳ダメージ軽減 臨床研究開始へ | トップページ | 大腸がんの進化原理を解明!がんに対する予防と新しい治療法へ期待 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63248254

この記事へのトラックバック一覧です: 「網膜の難病」薬開発へ 岩手大が治療法研究:

« 心停止の患者 水素で脳ダメージ軽減 臨床研究開始へ | トップページ | 大腸がんの進化原理を解明!がんに対する予防と新しい治療法へ期待 »