« 働かないアリはコロニーの長期的存続に必須であることが判明 | トップページ | どうして竹は節をもっているのか? - 山梨大などの研究チームが解明 »

2016年2月24日 (水)

未利用の太陽光エネルギーを利用可能にする透明・不燃な光波長変換ゲルを開発―太陽電池や光触媒等の変換効率向上に資する材料革新

2016.02.17 東京工業大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
要点
 
・イオン液体を有機色素とともにゲル化
 した“光波長変換イオノゲル”を開発
 
・透明、不燃、非流動、不揮発という長所
 をすべて備えた、応用に適した形態の
 光アップコンバージョン材料
 (長波長光を短波長光に変換する
  波長変換材料)
 
・太陽電池や光触媒などの変換効率向上
 技術の応用可能性を大きく広げた
 
 
-----
概要
 
 東京工業大学大学院理工学研究科の
村上陽一准教授らは、日本化薬株式会社と
共同で、不燃性と不揮発性、光学透明性、
非流動性をすべて兼ね備えた、
光エネルギー変換に未利用な長波長光を
利用可能な短波長光に変換する
“光波長変換イオノゲル”の開発に
世界で初めて成功した。
 
 このような波長変換を
“光アップコンバージョン”という。
 
 本成果は「イオン液体[用語1]を
色素とともにゲル化する」という
着想により実現したもので、太陽電池や
光触媒など幅広いエネルギー変換効率の
向上を行うための、応用に適した
材料開発の成果である。
 
 太陽光に適用できる
光アップコンバージョン材料は従来、
流体(有機溶媒)ベースが大半であり、
応用に適さなかった。
 
 また、流動性抑制のために
ポリマー埋め込みや溶媒のゲル化等を
行った場合でも、可燃性や揮発性、
光学的な濁りなどを伴い、応用実現に
向けて問題が存在していた。
 
 本成果はこうした従来の問題点を
一挙に解決したもので、材料面の課題が
存在していた光アップコンバージョン技術
の応用可能性が大きく広がることになる。
 
 本成果は2月4日発行の米国化学会誌
「ジャーナル・オブ・フィジカル
 ・ケミストリーBouter」に掲載され、
注目すべき成果として同誌の表紙を
飾った。
---------------------------------------
 
 素晴らしい。
 
>注目すべき成果として同誌の表紙
>を飾った。
 となっているので、従来のものより
良いということのようですが?
 
 こちらのものはどうなのでしょう?
2015年12月 5日
九州大学
 
 お互いに刺激しあいながら更に
向上できれば素晴らしいですね。
 
 今回の成果は、
>従来の問題点を一挙に解決したもので、
>材料面の課題が存在していた
>光アップコンバージョン技術
>の応用可能性が大きく広がることに
>なる。
 
 とのことなので期待しましょう。

|

« 働かないアリはコロニーの長期的存続に必須であることが判明 | トップページ | どうして竹は節をもっているのか? - 山梨大などの研究チームが解明 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63256869

この記事へのトラックバック一覧です: 未利用の太陽光エネルギーを利用可能にする透明・不燃な光波長変換ゲルを開発―太陽電池や光触媒等の変換効率向上に資する材料革新:

« 働かないアリはコロニーの長期的存続に必須であることが判明 | トップページ | どうして竹は節をもっているのか? - 山梨大などの研究チームが解明 »