« ヒトES細胞から機能的な下垂体ホルモン産生細胞の分化に世界で初めて成功 | トップページ | 先駆け審査指定制度の対象品目、デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療薬(NS-065/NCNP-01)の第Ⅰ/Ⅱ相試験が開始されます »

2016年2月15日 (月)

福島の放射能汚染を模した実験によりセシウムを強く吸着する鉱物を特定

2016/02/12
日本原子力研究開発機構(JAEA)
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
発表のポイント
 
・福島第一原発事故による放射能汚染の
 実態を考慮した実験条件でセシウムの
 吸脱着試験を行い、セシウムは
 福島の風化黒雲母に選択的に吸着され、
 そこに強く固定されることを
 明らかにした
 
・実汚染レベルでの放射性セシウム濃度
 では、風化黒雲母が福島では重要な
 吸着物質であることを初めて実験的に
 証明した。
 
・福島地方の放射性セシウムの
 今後の動態(固定や拡散)や、
 土壌からの除去方法、除染作業で
 発生した廃棄物の減容化方法の
 開発などに大きく寄与するものである
 
 
-----
発表概要
 
 福島第一原発事故によってもたらされた
放射能汚染の解決のため、
汚染実態についての詳細な研究や、
除染のための技術開発等が進められて
いる。
 
 東京大学大学院理学系研究科、
東京大学大学院農学生命科学研究科、
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
の研究グループは、福島第一原発事故後の
降雨によって放射性セシウムが土壌に
吸着される環境を模したセシウムの
鉱物への吸着実験を行い、低濃度の
セシウムは福島地方の土壌に一般的な
風化黒雲母と呼ばれる鉱物に選択的に
吸着されることを明らかにした。
 
 またこの鉱物に吸着したセシウムは、
他の土壌鉱物に比べ鉱物中に強く固定
され、容易に溶出しないことが判明した。
 
 これらの成果は、福島地方の実汚染土壌
に関するこれまでの観察・分析結果を
よく説明するものであるとともに、
今後の長期的な放射性物質の固定・移動
等の動態予測や除染廃棄物の減容化の
手法の開発等に大きく貢献するもの
である。
---------------------------------------
 
 ふ~ん。
 
>今後の長期的な放射性物質の
>固定・移動等の動態予測や
>除染廃棄物の減容化の手法の開発等
>に大きく貢献するものである。
 
 本当かな?
 
 これらのことは、福島の放射能汚染
レベルは、このまま何もしなくても
少しずつ減少し、広がることも無いと
言っているようにしか思えません。
 
>セシウムは福島の風化黒雲母に
>選択的に吸着され、そこに強く固定
>されることを明らかにした
 のですから、
 
 これからの展開を見て行く必要が
ありますね。

|

« ヒトES細胞から機能的な下垂体ホルモン産生細胞の分化に世界で初めて成功 | トップページ | 先駆け審査指定制度の対象品目、デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療薬(NS-065/NCNP-01)の第Ⅰ/Ⅱ相試験が開始されます »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63214598

この記事へのトラックバック一覧です: 福島の放射能汚染を模した実験によりセシウムを強く吸着する鉱物を特定:

« ヒトES細胞から機能的な下垂体ホルモン産生細胞の分化に世界で初めて成功 | トップページ | 先駆け審査指定制度の対象品目、デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療薬(NS-065/NCNP-01)の第Ⅰ/Ⅱ相試験が開始されます »