« パーキンソン病の進行に伴い変化する新しいバイオマーカーを発見 | トップページ | 【生物科学】動物実験をせずに化学毒性を予測する方法 »

2016年2月 3日 (水)

多系統萎縮症の予後に影響を及ぼす症候と自律神経機能検査

2016年01月25日 Blog Neurology
興味を持った「神経内科」論文
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
>本研究は後方視的研究
>(1998年か ら2012年)であるものの,
>事前に定められた自律神経機能検査が
>全例に対し行なわた点で,
>非常に素晴らしい研究といえる.
 同感です。
 
 現実は、しっかりした根拠を元に
把握しておきたい。
 
 現実を知ることは辛いとは思いますが、
私は、知りたいと思うタイプなのです。
分からないことも又不安。
 
 臨床症候によりMSAの生命予後を
推定することを可能とした点で
意義のある論文だと思う。

|

« パーキンソン病の進行に伴い変化する新しいバイオマーカーを発見 | トップページ | 【生物科学】動物実験をせずに化学毒性を予測する方法 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63159257

この記事へのトラックバック一覧です: 多系統萎縮症の予後に影響を及ぼす症候と自律神経機能検査:

« パーキンソン病の進行に伴い変化する新しいバイオマーカーを発見 | トップページ | 【生物科学】動物実験をせずに化学毒性を予測する方法 »