« 「網膜の難病」薬開発へ 岩手大が治療法研究 | トップページ | Why! なぜ日本人は住宅ローンに大金を払う? ドイツから見えた日本の家の異常さ »

2016年2月22日 (月)

大腸がんの進化原理を解明!がんに対する予防と新しい治療法へ期待

2016/02/19 九州大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 九州大学病院別府病院の三森功士教授と、
HPCI 戦略プログラム 分野 1
「予測する生命科学・医療および創薬基盤」
プロジェクトの東京大学医科学研究所の
新井田厚司助教、宮野悟教授、
および大阪大学大学院医学系研究科の
森正樹教授らの研究グループは、
大腸がんが非常に多様な遺伝子変異(※1)
を持つ、不均一な細胞集団から構成されて
いること、またがん細胞の生存とは
関係のない遺伝子変異の蓄積による
「中立進化」よってこのような
腫瘍内不均一性(※2)が生まれることを
明らかにしました。
 
 今回の成果は、がんに対する
新しい治療法や治療戦略を生み出すための
基盤になると期待されます。
 
 本研究の成果は2016年2月18日
午前11時(米国太平洋時間)に
米国学術誌「PLOS Genetics」
で掲載されました。
---------------------------------------
 
 腫瘍内不均一性ね~
 
>ある抗がん剤が効く細胞が一つの腫瘍の
>大部分を占めているとき、
>それらの細胞には抗がん剤が有効
>ですが、もしその抗がん剤への耐性を
>引き起こす遺伝子変異を持つ細胞が
>存在すると、そのうち耐性細胞が
>増えることによってがんは再発して
>しまいます。
 
 
>本研究により、スーパーコンピューター
>を用いてがんの不均一性が生まれる
>メカニズムを理解することが可能
>になったため、がんの多様化を阻害する
>治療方法や、不均一性を持つ細胞集団に
>効果的な治療戦略を考える重要な基盤
>となると期待されます。
 
>例えば、これまで高度進行大腸癌の
>予後が数年前までは 1 年程度だった
>のが、多剤併用療法の普及により
>飛躍的に伸び、いまでは 3 年近くまで
>伸びています。
 
>このことは本研究で明らかになった
>高い腫瘍内不均一性で説明できる
>可能性があります。
 
>今後本研究グループはスーパー
>コンピューターよるシミュレーション
>を用いて更に良い治療戦略を探索する
>予定です。
 
 期待して見守りたい。

|

« 「網膜の難病」薬開発へ 岩手大が治療法研究 | トップページ | Why! なぜ日本人は住宅ローンに大金を払う? ドイツから見えた日本の家の異常さ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63248332

この記事へのトラックバック一覧です: 大腸がんの進化原理を解明!がんに対する予防と新しい治療法へ期待:

« 「網膜の難病」薬開発へ 岩手大が治療法研究 | トップページ | Why! なぜ日本人は住宅ローンに大金を払う? ドイツから見えた日本の家の異常さ »