« 手足の麻痺・しびれ等の原因部位を正確に診断可能。金沢工業大学の超電導センサ技術による「脊髄機能の見える化」技術がナノテク展大賞受賞 | トップページ | 神経膠腫(グリオーマ)治療に向けた新たな創薬戦略:PTPRZ阻害剤の開発 »

2016年2月11日 (木)

ヒトiPS細胞から、免疫機能を活性化させる細胞の作製に成功

2016.02.09
京都大学iPS細胞研究所CiRA(サイラ)
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 喜多山秀一研究員(京都大学CiRA)、
金子新准教授(京都大学CiRA)や
Rong Zhang研究員
(当時・愛知県がんセンター研究所、
現・国立がん研究センター)、
植村靖史主任研究員
(当時・愛知県がんセンター研究所、
現・国立がん研究センター)らの
研究グループは、ヒトのiPS細胞から
免疫細胞の一種であり、他の免疫細胞の
機能を高めるiNKT細胞を作製できること
を示しました。
 
 この研究成果は2016年2月9日正午
(米国東部時間)に米国科学誌
「Stem Cell Reports」に
オンライン公開されます。
 
 
-----
ポイント
 
・免疫細胞の中には、自然免疫と
 獲得免疫の双方の制御に重要な役割を
 果たすインバリアントナチュラルキラー
 T(iNKT)細胞注1がある
 
・iNKT細胞からiPS細胞を作製し、
 分化させることでiNKT細胞様細胞
 (re-iNKT細胞)を作製できた
 
・re-iNKT細胞は、元のiNKT細胞よりも
 細胞レベルで若返っていた
 
・re-iNKT細胞は、他の免疫細胞の
 機能を高める機能と、がん細胞を
 直接攻撃する機能をもつ
---------------------------------------
 
 素晴らしい。
 
>本研究では、iPS細胞への初期化を
>介して、iNKT細胞が若返り、
>機能が改善した大量のre-iNKT細胞を
>作製できることが示されました。
>そして、re-iNKT細胞は他の免疫細胞の
>機能を活性化してがん細胞への攻撃を
>促したり、直接的にがん細胞を
>攻撃することが示されました。
 
>iNKT細胞はがんだけではなく
>感染症や自己免疫疾患など幅広い疾患に
>関連する免疫応答を制御していると
>考えられており、今後細胞治療への
>応用が期待されます。
 
 大いに期待したい。

|

« 手足の麻痺・しびれ等の原因部位を正確に診断可能。金沢工業大学の超電導センサ技術による「脊髄機能の見える化」技術がナノテク展大賞受賞 | トップページ | 神経膠腫(グリオーマ)治療に向けた新たな創薬戦略:PTPRZ阻害剤の開発 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63195044

この記事へのトラックバック一覧です: ヒトiPS細胞から、免疫機能を活性化させる細胞の作製に成功:

« 手足の麻痺・しびれ等の原因部位を正確に診断可能。金沢工業大学の超電導センサ技術による「脊髄機能の見える化」技術がナノテク展大賞受賞 | トップページ | 神経膠腫(グリオーマ)治療に向けた新たな創薬戦略:PTPRZ阻害剤の開発 »