« 新しい遺伝子治療法となるか、ゲノム編集でマウスの筋ジストロフィー改善 | トップページ | 藻類を使ったアンモニア生産の可能性―ラン藻の遺伝子発現を制御して放出させることに成功― »

2016年1月28日 (木)

歯の原基を操作して歯の数を増やす技術開発に成功

2015年12月24日
理化学研究所
東京医科歯科大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
理化学研究所 多細胞システム形成
研究センター器官誘導研究チームの
辻孝チームリーダー、
東京医科歯科大学医歯学総合研究科
顎顔面矯正学分野の森山啓司教授らの
共同研究グループ※は、マウスをモデルに
した研究で、歯のもととなる原基(歯胚)
の分割操作を行うことにより、
1つの歯胚から複数の歯胚を発生させる
歯胚分割技術[1]を開発しました。
 
 歯の喪失に対する治療として、入れ歯や
ブリッジ、インプラントといった人工物
による代替治療が行われ、
咀嚼(そしゃく)機能を回復する有効な
医療技術として確立しています。
 
 しかし、これらの治療法だけでは、
歯の生理的機能を完全に回復することが
難しいため、より生物学的な機能を
付加し、周囲の組織と連携して機能する
「歯科再生治療」の開発が期待されて
います。
 
 現在行われている歯科再生治療として、
自身の機能していない歯を歯の欠損部に
移植し、歯の生理機能を回復する
自家歯牙(しが)移植や幼弱な発生段階の
自家歯胚を移植し、歯を発生させる
歯胚移植治療が行われています。
 
 これらの治療法は、有用な歯科再生治療
として注目されていますが、1つの個体が
持つ移植可能な歯や歯胚には限りがある
ため、歯胚の数を増やす技術の開発が
望まれていました。
 
 共同研究グループは、歯胚の分割操作を
行うことにより、1つの歯胚から複数の
歯胚を発生させる歯胚分割技術を開発
しました。
 
 この技術を用いて実験を行ったところ、
複数の歯胚が正常に発生し、天然の歯と
同等の構造を持った歯が再生されました。
 
 これら再生歯は、矯正力
(歯列矯正の際に加える力)を加えること
によって、骨リモデリング[2]を介した
歯の移動が可能で、また、中枢に伝達して
痛みなども感知する神経機能を持っており、
機能的にも天然歯と同等でした。
 
 今回の技術を発展させ、ヒトへ応用する
ことができれば、現在の自家歯牙移植や
歯胚移植治療の課題である移植数の問題を
解決できるかもしれません。
 
 また、歯胚分割技術は、歯胚だけでなく、
その他の器官に対しても適用できる
可能性があるため、新たな再生移植医療の
技術開発へつながると期待できます。
 
 本研究成果は英国のオンライン科学雑誌
『Scientific Reports』(12月17日付け)
に掲載されました。
---------------------------------------
 
 良さそうです。
 
>今後、この方法をヒトに応用すること
>で、先天性歯胚欠損や歯の喪失患者の
>自己歯胚を用いて免疫学的拒絶反応を
>受けることがなく、歯の数を増やせる
>可能性が示されました。
 
>本研究から、臨床応用に近い
>歯科再生療法へと発展することが
>期待できます。
 
 期待したい。
 
 まだ人への応用は時間がかかると
思われますが、コストはどの程度で
実現できるかな?
 
 インプラント高価ですよね。
 問題もいろいろ出ているし、

|

« 新しい遺伝子治療法となるか、ゲノム編集でマウスの筋ジストロフィー改善 | トップページ | 藻類を使ったアンモニア生産の可能性―ラン藻の遺伝子発現を制御して放出させることに成功― »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63132789

この記事へのトラックバック一覧です: 歯の原基を操作して歯の数を増やす技術開発に成功:

« 新しい遺伝子治療法となるか、ゲノム編集でマウスの筋ジストロフィー改善 | トップページ | 藻類を使ったアンモニア生産の可能性―ラン藻の遺伝子発現を制御して放出させることに成功― »