« 扶氏医戒之略 | トップページ | 神経難病・筋萎縮性側索硬化症の病原蛋白質を分解する新たな仕組みを発見 -ALSの新たな病態の発見と分子標的治療の可能性を開く- »

2016年1月25日 (月)

iPS細胞でヒトの耳の軟骨 作成に成功

2016年1月25日 NHK NEWSweb
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
動画があります。
 
---------------------------------------
 iPS細胞を使って実物とほぼ同じ
大きさのヒトの耳の軟骨「耳介軟骨」を
作り出すことに東京大学などのグループ
が成功しました。
 
 iPS細胞を使って立体的な軟骨が
できたのは、初めてだということです。
---------------------------------------
 
 iPS細胞を使用した再生医療
大分進歩して来ました。
 
>iPS細胞を使って立体的な軟骨が
>できたのは初めて
 だそうです。
 
 このやり方で本当に目的とする
軟骨組織が出来るかな?
 
 心配しても仕方がない。
 安全を確保しつつ、トライアル
アンドエラーを繰り返すしかない。
 
 今後の展開に期待します。

|

« 扶氏医戒之略 | トップページ | 神経難病・筋萎縮性側索硬化症の病原蛋白質を分解する新たな仕組みを発見 -ALSの新たな病態の発見と分子標的治療の可能性を開く- »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63119591

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞でヒトの耳の軟骨 作成に成功:

« 扶氏医戒之略 | トップページ | 神経難病・筋萎縮性側索硬化症の病原蛋白質を分解する新たな仕組みを発見 -ALSの新たな病態の発見と分子標的治療の可能性を開く- »