« カエルではじめて機能的な関節の再生に成功 | トップページ | リハビリテーションは脳の配線を変え、機能の回復を導く―脳卒中後の麻痺肢の集中使用による運動野-赤核路の増強は、運動機能の回復と因果関係を有する― »

2016年1月16日 (土)

新しい脳の捉え方 ―コネクトーム・脳透明化・次世代スパコン―

2016年01月16日
Neurology 興味を持った「神経内科」論文
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
 大変興味深い話しです。
>「脳の回路や活動」を直接見ることが
>できれば,脳や疾患の理解が変わる
>のではないだろうか?
 そうですね。
 
>コネクトームを解析することで、
>「人間とは何か」「わたしとは何者か」
>に答えをもたらす可能性がある.
 とのこと。
 
 本当に可能なのかどうかはさだかでは
ありませんが、出来たら素晴らしいこと
ですね。
 
 技術は発達し続けているのでいつかは
可能になるかもしれません。
 
 脳神経疾患の治療にも役立つかも
知れません。
 
 今後の発展に期待します。

|

« カエルではじめて機能的な関節の再生に成功 | トップページ | リハビリテーションは脳の配線を変え、機能の回復を導く―脳卒中後の麻痺肢の集中使用による運動野-赤核路の増強は、運動機能の回復と因果関係を有する― »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63075236

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい脳の捉え方 ―コネクトーム・脳透明化・次世代スパコン―:

« カエルではじめて機能的な関節の再生に成功 | トップページ | リハビリテーションは脳の配線を変え、機能の回復を導く―脳卒中後の麻痺肢の集中使用による運動野-赤核路の増強は、運動機能の回復と因果関係を有する― »