« レーザーでトンネルコンクリートの健全性を高速で検査する | トップページ | RNA がタンパク質の凝集を抑制し神経細胞毒性を低減する -筋萎縮性側索硬化症(ALS)の神経細胞死機構を解明- »

2016年1月20日 (水)

がん生存率、10年後は58% 3.5万人追跡調査

2016年1月20日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 国立がん研究センターなどの
研究グループは19日、がん患者を
10年間追跡して集計した10年後の
生存率を初めて公表した。
 
 全てのがんの10年生存率は
58・2%で、5年生存率より
5ポイント近く低かった。
 
 胃や大腸では5年生存率と
ほとんど変わらない一方、乳房や肝臓は
5年後以降も下がり続けており、
部位別の傾向が浮き彫りとなった。
 
 研究グループは一般的な5年生存率の
ほか、より長期の分析を進めており、
全国規模の10年生存率が初めて
まとまった。
 
 がんと診断された場合、治療で
どのくらい生命を救えるかを示す
国の指標となる。
---------------------------------------
 
 全国規模の10年生存率が初めて
出ましたね。
 
 現実はしっかり把握しておく必要が
あります。
 
>胃や大腸では5年生存率と
>ほとんど変わらない一方、
>乳房や肝臓は5年後以降も
>下がり続けており、
>部位別の傾向が浮き彫りとなった。
 
 肝臓がんは悪いだろうと思って
いましたが乳がんがそんなに悪いとは
認識していませんでした。
 しかも悪くなり続けるとは、
 
 今回の調査は、
>治療を受けたのは約15年前。
>がんセンターの堀田知光理事長は
>「がん治療は進歩しており、
>今、治療を受けた人の10年生存率は
>さらに高まる」と話す。
 とは思います。
 
 分子標的薬もいろいろ出てきているし、
がん治療は進歩し続けているわけだから、
 
 参考リンク
  全がん協
  国立がん研究センター

|

« レーザーでトンネルコンクリートの健全性を高速で検査する | トップページ | RNA がタンパク質の凝集を抑制し神経細胞毒性を低減する -筋萎縮性側索硬化症(ALS)の神経細胞死機構を解明- »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63094020

この記事へのトラックバック一覧です: がん生存率、10年後は58% 3.5万人追跡調査:

« レーザーでトンネルコンクリートの健全性を高速で検査する | トップページ | RNA がタンパク質の凝集を抑制し神経細胞毒性を低減する -筋萎縮性側索硬化症(ALS)の神経細胞死機構を解明- »