« iPS心筋シート移植へ=16年度に臨床申請 - 阪大 | トップページ | iPS細胞「夢の医療」の現実味 大量培養・保存…課題も »

2016年1月 8日 (金)

東大など、iPS細胞由来の抗原特異的若返りT細胞に関する基本特許が米国で成立

2016/01/04 release.nikkei
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
>本発明は、このように疲弊・老化した
>細胞傷害性T細胞を、iPS細胞の状態
>(T-iPS細胞と呼ぶ)に初期化し、
>そのT-iPS細胞から
>再び細胞傷害性T細胞に分化誘導させる
>ことにより、本来のT細胞が持つ
>抗原認識能力を保持したまま、
>増殖能力の回復した若返りT細胞を
>大量に得られる方法を提供するもの
>です。
 
>本発明は、科学的裏付けと効果に乏しい
>現在の免役細胞療法に代わり、
>iPS細胞の特性を活かして
>「抗原特異的なT細胞を若返らせて
>多量に再生する」という
>全く新しい免役細胞療法につながる
>ことが期待されます。
 
 大いに期待したいですね。

|

« iPS心筋シート移植へ=16年度に臨床申請 - 阪大 | トップページ | iPS細胞「夢の医療」の現実味 大量培養・保存…課題も »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63026057

この記事へのトラックバック一覧です: 東大など、iPS細胞由来の抗原特異的若返りT細胞に関する基本特許が米国で成立:

« iPS心筋シート移植へ=16年度に臨床申請 - 阪大 | トップページ | iPS細胞「夢の医療」の現実味 大量培養・保存…課題も »