« コンパクト超高磁場NMRの実現へ~レアアース系高温超伝導ワイヤを使用したNMR装置を開発~ | トップページ | 白血病幹細胞根絶を目指した新規免疫遺伝子治療の開発研究 »

2016年1月 9日 (土)

生きた細胞内における外来DNA分解の可視化に成功

2015/12/21 産業技術総合研究所
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
ポイント
 
・顕微鏡画像からDNAの分解を
 1分子レベルで時空間的に解析する
 技術を開発
 
・外来DNAを分解する活性が細胞の種類
 によって異なっていることを発見
 
・遺伝子治療・核酸医薬等の分子機序に
 基づいた創薬への貢献に期待
 
 
-----
概要
 
 国立研究開発法人 産業技術総合研究所
(以下「産総研」という)
バイオメディカル研究部門
バイオアナリティカル研究グループ
佐々木 章 研究員と、
国立大学法人 北海道大学先端生命科学
研究院 金城 政孝 教授ら、
国立研究開発法人 理化学研究所
生命システム研究センター
神 隆 チームリーダーは、
生きた細胞内に導入したDNAが分解される
機構をリアルタイムに可視化する技術を
開発し、DNAの分解活性が細胞の種類
によって異なっていることを
初めて見いだした。
 
 今回、1分子イメージング法に
数えられるラスター画像相互相関分光法
(ccRICS)の原理を利用し、多数の
タイムラプス顕微鏡画像を一括して解析し
動画とするプログラムを開発した。
 
 この技術によって、生きたままの
細胞の中で分解されるDNAを時空間的に
可視化することに成功し、
外来DNAに対する防御機構として働く、
DNAを分解する活性が細胞ごとに異なる
ことを解明した。
 
 細胞内のDNA分解機構の解明は、
遺伝子治療・核酸医薬の創薬設計に
論理的バックボーンを与え、
分子メカニズムに基づいた創薬を
加速させることが期待される。
 
 なお、本成果は、2015年9月24日に
Scientific Reports誌
(電子版、オープンアクセス)に
掲載された。
---------------------------------------
 
 素晴らしい。
 
>今後応用に結びつけていくために、
>今回発見した分解メカニズムが
>どの分子によって担われるかを
>明らかにしていく予定である。
 
>そこで次世代シーケンサー技術等を
>組み合わせつつ研究を進める。
 
>将来的には、遺伝子治療・核酸医薬
>のみならず、DNA代謝と疾患の関係等
>幅広く本技術を展開することを目指す。
 
 今後の展開に期待したい。

|

« コンパクト超高磁場NMRの実現へ~レアアース系高温超伝導ワイヤを使用したNMR装置を開発~ | トップページ | 白血病幹細胞根絶を目指した新規免疫遺伝子治療の開発研究 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63033510

この記事へのトラックバック一覧です: 生きた細胞内における外来DNA分解の可視化に成功:

« コンパクト超高磁場NMRの実現へ~レアアース系高温超伝導ワイヤを使用したNMR装置を開発~ | トップページ | 白血病幹細胞根絶を目指した新規免疫遺伝子治療の開発研究 »